お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

専業主婦でも借りれるカードローン!旦那に内緒でお金を借りるには

急な出費が重なって、どうしてもお金が足りない。しかし夫には話しづらく、できれば内緒でお金を借りる方法はないだろうかとお悩みではありませんか?

専業主婦がお金を借りる方法はかなり限られていますが、安全に借りられる可能性のある方法をご紹介します。その中でも、検討して欲しいのは銀行カードローンです。

銀行カードローンはなぜ専業主婦でも申し込みができるのか、わかりやすく解説するとともに、おすすめの銀行カードローンもあわせてご紹介します。

どのカードローンも当然審査がありますので、確実に借入ができるかどうかはわかりませんが、ホームページ等で専業主婦でも申し込み可能としているカードローンを集めました。

借入を検討している方は、返済方法などをみながら、比較検討してみてください。

\口座開設が不要!/

専業主婦が安全に、なるべく早くお金を借りる方法

お金を借りる方法はたくさんありますが、その中でも友人や知人に頼る以外で、なおかつ安全な方法をいくつかご紹介します。

銀行カードローンを利用する

一般的に銀行の融資は条件が厳しいと思われていますが、貸付の種類によっては専業主婦でも利用できます。それが、カードローンです。

銀行カードローンは専業主婦でも借りれるカードローンで、教育ローンや住宅ローンなど使い道が限定されているローンと比較するとやや金利が高めに設定されていますが、その分自由に使えるローンです。

基本的には、事業資金以外には自由に使えます。

即日融資には対応していないものの、旦那に内緒でお金を借りることができる可能性があります。お金を借りることを誰にも知られたくない人にも、おすすめの方法です。

専業主婦が銀行カードローンを利用するメリットで詳しく解説します。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

現在使っているクレジットカードに、キャッシング枠はついているでしょうか?もしついていれば、クレジットカードでお金を借りることができます。

キャッシング枠がついていない場合には、改めて申し込みが必要となります。キャッシング枠はショッピング枠とは適用される法律が違うため、入会した時とは別にまた審査が必要となるためです。

キャッシングとは借金ですから、総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借入ができないようになっています。

ですから、基本的には無職で収入がないと、キャッシングの審査には通らないでしょう。

しかし、これまで問題なくクレジットカードを使っていて、なおかつ配偶者の借入状況やクレジットカードの利用状況に問題がない場合には、審査を通過する可能性はあります。

キャッシング枠は決められた範囲の中で借入額を希望することができますが、5万円程度に抑えておけば、審査通過の可能性はより高くなります。

また、銀行系のクレジットカードよりも、流通系(スーパーやコンビニが発行するクレジットカード)の方が審査に通りやすいといわれています。

ただし、あくまでも可能性の話であり、これまでの利用状況や職業、年齢などを総合的に考えて審査されますので、必ず審査に通る方法というものはありません。

ブランド品などを質屋に持っていく

銀行などの金融機関でお金を借りる時には、通常、審査があります。

しかし質屋でお金を借りる時には、身分証明書があれば良いので、収入の審査などがないというのが大きなメリットです。

質屋で大事なのは、持ち込んだ品物の価値だけですから、盗品でない限り、その品物の価値に応じたお金をその場で借りることができるのです。

ブランド品だけでなく、貴金属や時計、パソコンなどの電化製品もOK。ただし、利率が高いのがネックなので、よく調べてから質屋を選びましょう。

銀行の融資などと違い、数年単位の返済ではなく、数ヶ月でお金を返してもらうことを想定しているため、年利が109.5%と、金利の上限が高いのです。カードローンの金利は高くても18%程度のところが多いので、その差は歴然です。

しかも、日割り計算をしてくれるわけではありませんので、1週間で返済したとしても、1ヶ月分の利子がついてしまいます。

質屋は金融業者ではないため、もし返済できなくても、質流れといって、質入れした品物がかえって来なくなるだけです。

返済に追われることもありませんし、返済できなかった情報が信用情報機関に残って、いわゆるブラックリスト入りする心配もありません。

最悪、なくなってしまっても良い品物があるなら、質屋に行ってお金を借りるのが最も早い方法でしょう。

メルカリなどのフリマアプリを利用する

ブランド物など、質屋でお金を借りられるような品物がない人は、フリマアプリを利用しましょう。

フリーマーケットですから、自分がいらないと思うものは基本的になんでも出品できます。

気に入って買ったものの、あまり着なかった洋服とか、家の中にある不用品を集めてみましょう。自分では価値を感じていなくても、買いたいという人が意外にいるものです。

1つの品物の金額はそれほど高くはならなくても、まとめて売れば、数万円の売り上げが期待できます。

ただし、買い手がついて、品物のやりとりもありますので、お金を手にするまでに少し手間がかかります。

ゆうちょ銀行の自動貸付を利用する

ゆうちょ銀行に、定額貯金をお持ちではありませんか?

貯金はあるけれど、今どうしてもお金が必要で、すぐには貯金を崩せないという人もいると思います。そんな時は、自動貸付制度を利用しましょう。

ゆうちょ銀行の自動貸付制度を利用すると、定額貯金の90%以内、1冊の総合通帳で300万円まで借入ができます。担保となる定額貯金または定期貯金があれば良いので、収入の審査がいらないのがメリットです。

自動貸付なので、残高以上の払い戻しをすると、足りない分も一緒に引き出すことができ、借入のたびに手続きをする必要がありません。

例えば、10万円必要なところ、口座に5万円しか入っていないという時、10万円を払い戻しすることによって、5万円の貸付を自動で受けられるということです。

返済期間は貸付から2年、2年以内に満期を迎える場合には満期までとなります。

借りた分を口座に入金することによって返済となりますので、今あるお金を少しずつ入れていくこともできますし、余裕のある時にまとめて返すこともできます。

カードローンなどと比較すると金利が低いのもありがたいところで、0.25%〜0.5%に貯金の約定金利を加えたものです。

利用したい場合には、最初に1回だけ手続きが必要です。

  • 総合通帳
  • 印鑑
  • 本人確認書類

を持って、窓口に行きます。

本人確認書類は、運転免許証など顔写真入りの公的な証明書であれば1点でも良いですが、ない場合には2点必要となることがあるので、事前に確認してから窓口に行くことをおすすめします。

なお、以前は国債も自動貸付の対象となっていましたが、2019年3月29日で新規受付は終了しています。

生命保険契約者貸付制度を利用する

生命保険に加入している人は多いと思いますが、契約の内容をもう一度確認してみましょう。貸付を受けられる可能性があります。

どのタイプの保険でも良いわけではなく、解約返戻金のある保険です。掛け捨て型の保険では利用できないので注意しましょう。

自分が加入している保険であれば、収入の審査は必要ありませんので、専業主婦でもお金を借りることができます。

借りたお金はいつでも返済できるのですが、返済が終わらないうちに保険の満期を迎えてしまうと、受け取る保険金から元金と利息が差し引かれるため、実際にもらう保険金が少なくなってしまうという点にも注意が必要です。

できるだけ早く返済できるように計画を立ててから借入しましょう。

専業主婦が銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンがなぜ専業主婦でも利用できるのか、その仕組みとメリットについて説明します。

配偶者貸付を利用できるから

配偶者貸付制度とは、借入できる金額を、配偶者の収入も含めて審査してもらう方法です。

本来、専業主婦で、自分の収入が全くない場合には、お金を借り入れることができません。

しかし、配偶者貸付制度があるので、配偶者に収入があれば、それを世帯の収入として考え、無職である専業主婦も借入ができるのです。

いくらまで借入できるかというと、配偶者と合算した収入の3分の1まで借入ができます。これを総量規制といいます。

もし夫の年収が500万円なら、およそ150万円まで借入が可能です。ただし、2人合わせての借入が3分の1までとなりますので、もし配偶者がすでに100万円借り入れていた場合には、残りの金額しか借りることはできません。

原則として、

  • 配偶者の同意
  • 配偶者の収入証明
  • 身分関係を証明するもの(戸籍謄本等)

などが必要になります。

なお、消費者金融などでは、この配偶者貸付制度を採用している会社はほとんどありません。仮に配偶者が同意していても、専業主婦として申し込んだら借入ができないところがほとんどです。

銀行は総量規制の対象外だから配偶者の同意がいらない

配偶者の同意書がいるなら、夫に内緒でお金を借りることはできないのかと諦める人もいますが、ちょっと待ってください。

配偶者貸付制度で配偶者の同意が必要なのは、貸金業法という法律によって総量規制の対象となるためですが、銀行のカードローンは配偶者の同意が必要ないのです。

銀行は貸金業法ではなく、銀行法という法律によって運営されているため、総量規制の対象外となります。ですから、配偶者に安定した収入さえあれば、専業主婦が自分の名義で申し込むことができるというわけです。

在籍確認なしでカードローンが利用できる

融資を受ける時には、通常は申し込んだ後に在籍確認の電話が来ます。しかし、専業主婦として申し込んでいますので、申込者本人に連絡が来るだけです。

配偶者の収入を申告しているから、夫の会社に在籍確認の電話がいってしまうのでは?心配される方もいますが、契約者以外に連絡が行くことはありません。夫の会社に電話が行くことはないので、安心してください。

つまり、配偶者に内緒で借入することが可能なのです。

ただし、カードローンは目的別のローン等と比べて金利が高めに設定されています。最初はほんの少しだけというつもりで借りても、思いのほか利子が膨らんでしまうという可能性もあります。

確かに配偶者に内緒で借入することは可能ですが、後々のことを考えると、できればきちんと話し合い、借入したいということを伝えておいたほうがいいでしょう。

収入証明書が不要の場合がある

「配偶者に安定した収入」があればという点について、どのくらいの収入があるのか、源泉徴収票などを提出しなくてはならないのか?と不安になる人もいると思います。

結論からいいますと、少額の借入であれば収入証明書は不要であることが多いです。原則として、

  • 50万円までの借入
  • 他社と合わせて100万円までの借入

であれば、不要となることが多いので、詳細は各銀行の提出書類を確認してください。

なお、あくまでも原則ですので、審査の状況によっては収入証明書を求められることもあります。

口座開設不要で借りられる銀行もある

銀行カードローンは、その銀行の口座を持っていないと申し込めないタイプと、口座がなくても申し込めるタイプがあります。

口座の開設が不要なカードローンですと、

  • 自分の口座に振り込んでもらう
  • 提携金融機関やコンビニATMを利用する

という方法で借入や返済ができるので、口座開設の手間もなくて便利です。

メガバンクよりネット銀行が狙い目

銀行カードローンは申し込みのハードルが低いとはいっても、どの銀行でも専業主婦にお金を貸してくれるわけではありません。

実は、メガバンクは専業主婦は不可としているところが多く、申し込みすらできないでしょう。

ですので、利用するとしたら、ネット銀行か地方銀行の方が借入できる可能性が高いです。

次章から、専業主婦でも利用できる銀行カードローンをご紹介します。

専業主婦でもお金を借りれる銀行カードローン

専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば申し込みができるとされている銀行カードローンをご紹介します。

ただし、今後借入の条件が変更される可能性もありますので、お申し込みに際には、最新の情報を確認してからにしてください。

また、原則として50万円未満の借り入れであれば収入証明書は不要ですが、審査の状況によっては提出を求められることもあります。

こちらも申し込む前に、必要書類についての最新情報を確認してください。

審査が早いPayPay銀行カードローン

※2021年4月5日より、ジャパンネット銀行からPayPay銀行に社名変更されました。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)のカードローンは、口座を今持っていなくても、口座開設から借入まで、全てWEBで完結します。

申込確認の電話を仮に家族の誰かがとったとしても、カードローンからの電話だとわからないように配慮してくれますし、本人以外に申し込みについて話すことはありませんので、安心してください。

銀行カードローンは、審査に時間がかかるところが多いですが、借入の可否や利用限度額など、仮審査の結果は最短60分でわかります。メールで連絡が来ますので、確認しましょう。

ただし、平日の営業時間内のみの対応であり、混雑状況によっては60分以上かかることがあります。また、あくまでも仮審査ですので、本審査の結果によっては借入ができないこともあります。

【PayPay銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 本人もしくは配偶者に安定した収入があること
借入可能額 10万円〜1000万円
実質年率 1.59%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
返済方法 毎月1〜28日、月末
(自分で設定)
担保・保証人 不要
特徴 ・返済日を自分で設定できる
・使途は自由

申し込みに際しては、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座が必要となりますが、実際の借入は、

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソンATM

も利用可能です。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の口座がない、新しく口座開設はしたくない、という方は、口座開設が不要な銀行カードローンを選択してください。

三井住友銀行カードローンでは口座開設が不要で、最短翌日融資が可能です。最低金利が1.5%~と低いので、初めてのカードローンなら三井住友銀行カードローンをおすすめできます。

返済は月々2,000円〜中京銀行カードローン「C-style」

中京銀行のカードローン「C-style」は、スマホ1つで契約ができます。金利も低めなのが嬉しいところです。

なお、借入の契約には、中京銀行の口座が必要になりますので、先に口座の開設をしておいた方が良いでしょう。

口座開設は必要ですが、実際の借入や返済には、コンビニのATMが利用できます。

  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM

無事に審査を通過したら、審査結果がメールできますので、内容を確認して契約となります。ローンカードが郵送されてきますので、そのカードを使って借入ができます。

ただし、カードが送られてくるまで1週間程度かかりますので、借り入れを急いでいる人は、契約時に銀行に連絡を入れましょう。取引口座に振り込みをしてもらえます。

10万円以下の借入なら、月々2,000円の返済ですみますので、計画的に返済していけるでしょう。もちろん、余裕のある時にはまとめて返済することも可能です。

【中京銀行カードローン C-style】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上75歳未満
申込要件 専業主婦、パート、アルバイト、年金受給者も可
借入可能額 10万円〜500万円
実質年率 4.9%〜14.5%
遅延損害金 18.0%
返済方法 毎月8日自動引き落とし
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・50万円以下なら年収確認書不要
・返済は月々2,000円〜

イオン銀行に口座がなくてもOK!イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、イオン銀行の口座を開設しなくても契約ができます。借入の時は提携金融機関や提携コンビニATMが利用できますし、返済時は今持っている口座から引き落としが可能です。

本人確認書類として、

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. マイナンバーカード
  4. 健康保険証

のうち、2点が必要です。ローンカードを受け取る際に、1〜3のうちの1点が必要になるので、マイナンバーカードがない人は、先に作っておくことをおすすめします。

借入も返済も1,000円からできるので、今少しだけ家計の足しにしたい!という時にも助かりますね。

審査に通ったら、5日程度でローンカードが郵送されてきますので、そのカードで借入をします。

ただし、イオン銀行の普通預金口座を持っている方なら、急ぎの融資が可能です。

新規申し込み時のみとなりますが、電話による本人確認ができれば、カードが届く前に振込融資をしてもらえますので、どうしても早くお金を借りたいという時には相談してみてはいかがでしょうか。

【イオン銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)
借入可能額 主婦は上限50万円
実質年率 3.0%〜13.8%
遅延損害金 14.5%
返済方法 ・毎月20日
・イオン銀行からの引き落とし
・ATMからの返済
・他行口座からの引き落とし
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・借入額が上限50万円と高い

最短2営業日!セブン銀行カードローン

「Myセブン銀行」というスマホアプリを使うと、申し込みから借入まで最短2営業日!しかも、キャッシュカードが届く前から借入が可能です。

審査の状況によっては、それ以上の時間がかかることもありますが、本人確認書類に不備がなければ、審査はスムーズに進むでしょう。

借入できるかどうか心配な方は、公式サイトから「お借入診断」を試してみましょう。生年月日や年収を入れることで、借入可能か簡易診断ができます。あくまでも仮の診断ですが、申し込みができるかどうかの目安にはなるでしょう。

借入方法も、セブン銀行ATMで現金を引き出す以外に、ダイレクトバンキングも利用できます。

セブン銀行ATMは1,000円単位の借入になりますが、ダイレクトバンキングなら1円単位で借入が可能ですので、どうしても必要な分に限って、小さく借りることができます。

ただし、利率があまり低くはありませんので、計画的に利用し、早めに返済するようにした方が良さそうです。決められた日以外にも、随時返済することが可能です。

なお、返済が遅れた場合には、遅延損害金がかかる代わりに、元加(がんか。利息を元金に組み入れること)によって利子がついた分全体に利子がつくことになるので、気をつけましょう。

例えば、20,000円の借入で利子が200円ついたとします。その返済ができなかった場合、次は20,200円に対して利子がつくことになりますので、返済が遅れるほど元金が増えていくイメージです。

【セブン銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳未満
申込要件 セブン銀行口座を持っていること
借入可能額 新規は上限50万円まで
実質年率 14.0%〜15.0%
返済方法 毎月27日
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・借入まで最短2営業日

口座なしでOK!新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行のカードローンは、新生銀行の口座がなくても申し込みができるので便利です。

コンビニATMや提携金融機関のATMが利用できるので、借入や返済が楽々。もちろん、新生銀行の口座を持っていれば自動引き落としもできますので、さらに便利です。

審査に通って契約ができれば、カードは後日郵送されてきますが、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用すれば、カードなしで借り入れが可能です。

深夜でも借入や返済ができるので、急な出費にも対応できそうです。

審査に通るか不安な方は、簡単な「お借入診断」を利用してみましょう。あくまでも仮審査ですが、生年月日

  • 報酬
  • お勤め区分
  • 他社からの借入

などを入力すると、申し込み可能か診断してくれます。

【新生銀行スマートカードローンプラス】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 本人または配偶者に安定した収入のあること
借入可能額 1万円〜500万円
実質年率 4.5%〜14.8%
遅延損害金 20.0%
返済方法 ・毎月27日
・指定口座からの引き落とし
・新生銀行への振込
・ATMからの返済
担保・保証人 不要
特徴 ・新生銀行の口座なしで申込可
・新生パワーフレックスがあれば深夜でも借入可能

楽天ユーザーなら楽天銀行カードローン

楽天市場でよくお買い物をされる方は、楽天銀行カードローンが便利です。楽天会員ランクに応じて審査の優遇が受けられるからです。

どの程度の優遇なのかは公表されていませんし、確実に全ての申込者が優遇を受けられるとは限りませんが、これまでのお買い物状況などから、確実に返済してくれるであろうと信頼されている顧客は、審査で有利になる可能性があります。

審査については、銀行のカードローンですので、数日かかることもありますが、専業主婦の方は在籍確認なしと明記されていますので、電話がかかってきて家族に取られる心配もありません。

本人確認書類は次のうち1点あれば大丈夫です。

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書

次のものは2点必要になりますので、注意してください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

月々の返済額は2,000円からとなっていますので、生活に支障を与えない範囲でゆっくり返済していけるでしょう。

【楽天銀行スーパーローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上62歳以下
専業主婦、パート・アルバイトは60歳以下
申込要件 パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)
借入可能額 専業主婦は上限50万円
実質年率 1.9%〜14.5%
遅延損害金 19.9%
返済方法 ・1日、12日、20日の中から選択
・楽天銀行口座がある人は27日も可
・提携ATMからの返済
・ネットバンキング(ペイジー)でも返済可
担保・保証人 不要
特徴 ・楽天会員ランクによって審査の優遇あり
・新規申込と利用で楽天ポイントプレゼント

口座開設不要!千葉銀行カードローン「クイックアクセス」

千葉銀行のカードローン「クイックアクセス」は、エリア限定のカードローンで、千葉銀行の口座を持っていなくても、申し込みができます。

  • 千葉
  • 東洋
  • 埼玉
  • 茨城
  • 神奈川(横浜・川崎)

の5つの地域に住んでいる方が利用できます。

ただし、借入や返済には、全国の提携金融機関、提携コンビニATMが利用できますので、上記のエリアにいる間だけしか利用できないわけではないので安心してください。

審査に通るか心配な方は、「10秒クイック診断」を利用すると良いでしょう。

  • 年齢
  • 年収
  • 借入極度額
  • 他社での借入額

を入力すると、借入可能かどうかの簡易診断ができます。これとは別に本審査がありますが、一つの目安にはなるでしょう。

審査に通ると、後日ローンカードが送られてきますが、急いでいる方には契約と同時に振り込みが可能です。

早くお金を借りる必要のある人は、審査結果が来た時点で問い合わせてみてください。

【千葉銀行カードローン「クイックパワー」】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳未満
申込要件 パート、アルバイト、派遣、専業主婦(夫)
年金収入のみの人は不可
借入可能額 10万円〜800万円
実質年率 1.4%〜14.8%
遅延損害金 19.8%
返済方法 ・毎月1日自動振替
・インターネットバンキング
・テレフォンバンキング
・ATMからの返済
・他行口座からの引き落とし
担保・保証人 不要
特徴 ・首都圏在住限定
・WEBで申込が完結
・10秒クイック診断あり

がん保障付きのスルガ銀行カードローン

スルガ銀行のカードローンは、申し込み時に、「がん保障特約付きローン」を選べるのが、他の銀行カードローンにはない特徴です。

死亡または高度障害状態に該当した場合、もしくはがんと診断された場合には、消費者信用団体生命保険でローンを全額返済できます。

申し込み時にどちらか選択するようになっており、保険料は銀行負担というのも嬉しいところです。

申し込みに当たっては、専業主婦でも申し込めるのですが、配偶者が同意していること、同意の上で配偶者の勤務先を記入することとなっていますので、借入を内緒にしたい人には向いていないかもしれません。

今後のことを考えますと、隠し立てせずに、「万が一のためにカードローンを申し込んでおきたい」と、配偶者に話をしておく方が良いでしょう。

【スルガ銀行カードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 配偶者の同意が必要
借入可能額 10万円〜800万円
実質年率 3.9%〜14.9%
遅延損害金 19.5%
返済方法 ・毎月1日
・専用カードで入金
・スルガ銀行口座から引き落とし
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・スルガ銀行口座がなくてもOK
・がん保障特約付きが選択可能

エリア限定!筑波銀行カードローン「つくば」

筑波銀行のカードローンはエリア限定のローンです。

  • 茨城県
  • 栃木県(宇都宮市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市)
  • 埼玉県(春日部市)
  • 千葉県(銚子市、松戸市、旭市、柏市、野田市、流山市、我孫子市)
  • 東京都(足立区)

こちらのエリアに住んでいるか、勤務先がある方が利用可能です。

筑波銀行に口座がなくても利用可能で、借入も返済も、インターネットやコンビニATMからできます。

【筑波銀行カードローン「つくば」】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上70歳以下
申込要件 パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦(夫)
借入可能額 主婦は上限50万円
実質年率 4.8%〜14.6%
返済方法 ・毎月3日
・口座引き落とし
・ATMからの返済
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・契約手続きも24時間受付

最短2〜3日で借入!十六銀行カードローン「Q LOAN」

十六銀行のカードローンは、十六銀行の口座がなくても利用可能で、セブン銀行ATMからも借入と返済ができます。また、指定口座に振り込んでもらうこともできますので、電話1本でお願いできます。

ただし、新規契約時から口座振込を依頼する場合には、十六銀行の口座が必要です。

ローンカードを使って借入する場合には、カードが到着してから銀行に電話をし、カードを使えるようにしてもらわないといけないため、カード到着が夜や週末など、銀行の営業時間外ですと、翌日になってしまうでしょう。

借入を急いでいる人は、十六銀行に口座があれば電話連絡ができますので、申し込みから最短で2〜3日後に借入が可能です。

【十六銀行カードローン「Q LOAN」】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上74歳以下
申込要件 パート、アルバイト、学生、年金受給者、専業主婦(夫)
借入可能額 主婦は上限30万円
実質年率 1.6%〜14.6%
返済方法 ・35日ごとにATMから返済
・一括返済も可能
担保・保証人 不要
特徴 ・十六銀行の口座開設不要
・WEBで手続き完結

WEB完結で30日間無利息のひめぎんクイックカードローン

新規で申し込む人限定のサービスですが、ひめぎんクイックカードローンは、WEB契約を選択することで30日間無利息で利用できます。

また、契約時の即日振込が可能です。

即日振込に対応している銀行でも、通常は、その銀行の口座がないと対応できないことがほとんどなのですが、ひめぎんクイックカードローンは、愛媛銀行以外の口座でも即日振込をしてくれます。

振込金額は5万円以上50万円以下という制約はあるものの、急いでいる方にはありがたいでしょう。

年齢や年収、他社からの借入の有無を入れることによって、借入可能か調べてくれる「1秒診断」がありますので、申し込みの前にぜひ利用してみてください。

【ひめぎんクイックカードローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上65歳以下
申込要件 パート、アルバイト、専業主婦(夫)
借入可能額 10万円〜800万円
実質年率 4.4%〜14.6%
遅延損害金 18.0%
返済方法 ・返済日は自分で選べる
・カードローン口座に直接入金
・ATMからの返済
担保・保証人 不要
特徴 ・WEBで申込が完結
・WEB申込なら30日間無利息
・契約時の即日振込が可能

専業主婦がお金を借りるときに注意するポイント

配偶者貸付制度を利用できるとはいえ、一応審査がありますので、確実に借りれる保証はありません。

そこで、審査を通過できる可能性を高めるために、申し込みの際に注意してほしいポイントをまとめました。

借入額はなるべく低く抑えること

一般的に、借入額の希望が大きくなるほど、審査は厳しくなります。ですから、初めての申し込みの場合は、低めの金額を希望しましょう。できれば、10万円以下が理想です。

ただし、借入額を抑えれば確実に借りられるというわけではありません。

例えばPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)の「よくあるご質問」には、利用額の大小で審査の方法が変わることはないと明記されています。

あくまでも可能性としての話だということを、覚えておいてください。

フリーローンは金利が高め

住宅ローンなどは借入額も非常に高額になるため、金利は低めに抑えられています。一方で、使途が自由なフリーローンは金利が高めです。

上限は18%前後の銀行が多いので、うっかり借りすぎると、返済に困ってしまうかもしれません。

もちろん日割り計算してくれますので、利子が膨らまないように、できるだけ早く返すことが大切です。

ダメ元で申し込むのは危険!

1つでは審査で落ちるかもしれないから、念のためいくつか同時に申し込んでおこう!と思い、一度にたくさん申し込む人がいますが、それは絶対にやめておきましょう。

借入を申し込むと、その情報が信用情報機関に残ります。

信用情報機関とは、お金の借入状況、クレジットカードの使用状況などの情報が登録されている機関で、金融業者や銀行は、借入の申し込みがあった場合、貸付ができるかどうか信用情報を必ず照会するのです。

ですから、一度にたくさん申し込みをしていると、よほどお金に困っているのではないか?と疑われることと、申し込みのたびに審査に落ちているとなると、返済能力がないため審査に落ちているのだろうと思われるため、ますます審査に通りにくくなります。

このように、短期間に複数の申し込みをして審査に落ちている人を、「申込ブラック」といいます。こうなると、いくら申し込んでもなかなか審査に通らなくなりますので、注意してください。

借入の申し込みをする時には、簡易診断を利用したり、あらかじめ電話で相談したりして、専業主婦でも申し込みができる条件を確認した上で、1社に絞って申し込みをしましょう。

なお、申込ブラックになってしまった場合、申込の情報は6ヶ月たつと消えますので、最後の申し込みから半年はおいて申し込むようにしてください。

自分がブラック入りしてないか思い出して!

信用情報機関は、お金に関する情報を保有しているところですから、過去に延滞などをしていると、その情報も登録されています。

  • スマホの料金を滞納したことがある
  • クレジットカードの支払いが遅れたことがある

などこれまで支払いに問題はありませんでしたか?

支払事故の記録がある人、いわゆるブラックリストという状態になっていると、借入はできません。

支払事故の記録は、自己破産など重大な事故は10年、滞納などの情報は5年で消えます。ですから、過去に支払いが遅れた人は、その時からどのくらい経っているか考えてみてください。

専業主婦で、いくら配偶者が高収入であっても、ブラックの人が借りれるところはありません。

心配な方は、信用情報機関に照会してみると良いでしょう。本人が請求すれば、情報開示してもらえます。

  • CIC(シーアイシー):クレジットカード、消費者金融や携帯料金などの情報
  • JICC(日本信用情報機構):クレジットカード、消費者金融などの情報
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):金融機関、奨学金などの情報

それぞれ、書面による手続きやスマホからの開示請求ができます。

配偶者名義で借り入れするのはダメ!

自分の名前では借りられないのなら、夫の名前を使えば借入ができるのではないかと思っている人がいたら、それだけは絶対にやめておきましょう。

お金を貸付する際には、法律に従って本人確認をしなければならないことになっています。

ですから、どのような会社であっても、必ず写真付きの公的な身分証明書や、住民票、健康保険証などの書類を複数求められます。

夫の運転免許証などを使って、仮にその審査を通過したとしても、最悪、詐欺罪に問われることもありますので、注意してください。

配偶者貸付は、配偶者の同意を得た上で、自分名義で借入をするので何の問題もありませんが、夫の名前を使って申し込んだら、それは他人名義で借入したことになってしまうのです。

他人の名義で借り入れることは法令違反となりますので、絶対にやめましょう。

嘘の申し込みはしないこと

収入がないからといって、適当なパート先を書いてしまうなど、申し込みの際に虚偽の申告をすることも、絶対にしてはいけません。

また、夫の収入を1,000万円と書くなど水増しするのもやめておきましょう。

金融機関の貸付担当はその道のプロですから、年齢その他の条件でおよその年収は見当がつくものです。

嘘がバレれば当然借入はできませんし、借入後にバレた場合も、虚偽の内容で申し込んだとして、ローン契約を解除されることもあり得ます。

そうなりますと、借りているお金を一括で返済しなくてはならなくなることもあるので、嘘は絶対にやめましょう。

夫がブラックリスト入りしている場合は審査に通らない

自分の借入状況などに問題がなくても、夫の方に何らかの問題がある場合にも、審査は通過できなくなります。

通常は、自分の信用情報に問題がなければ良いのですが、専業主婦の場合には配偶者の信用情報が調査の対象となるためです。

もし配偶者が、何らかの金融事故を起こしていると、審査で却下されてしまうでしょう。

なお、信用情報機関への開示請求は本人しかできないため、配偶者の記録がどうなっているかはわかりません。

専業主婦が消費者金融カードローンを利用できない理由

専業主婦でも申し込みが可能な銀行カードローンをご紹介しましたが、消費者金融の方が審査が甘いのでは?と思っている人もいるかもしれません。

消費者金融なら審査が甘いということはありませんし、消費者金融は総量規制の対象となっていますので、年収の3分の1までしか借入できません。

ですから、そもそも収入のない専業主婦は申し込みすらできないのです。

どの消費者金融を見ても、「専業主婦も可」となっているところはまずありません。

主婦でもパートやアルバイトで自分の収入があることが条件となっていますので、無収入では申し込めないと思ってください。

専業主婦でも借りれる消費者金融カードローン

配偶者貸付を行っている消費者金融はほぼありません。しかし、ごく一部で利用できるものがありますので、2社ご紹介します。

ただし、配偶者貸付を行っているからといって、銀行カードローンのように、配偶者に内緒で借入できないのがデメリットです。

利用客の74%が女性のベルーナノーティス

ベルーナノーティスは累計の女性会員が24万人を超えており、働く女性はもちろんのこと、主婦でも配偶者に収入があれば、融資してもらえるカードローンです。

配偶者貸付制度を採用しているためですが、申し込みに当たっては、配偶者の同意が必要です。

配偶者に内緒で借りることは難しいですが、話さえできていれば、専業主婦も融資してもらえる数少ない消費者金融です。

女性オペレーター専用のフリーダイヤルがありますので、借入に際して不安なことがあれば、まずは相談してみましょう。

ベルーナノーティスは、初めての借入の場合、14日間無利息となります。また、完済後、前回の無利息期間から3ヶ月経過していれば、何度でも無利息サービスを利用できます。

借入に不安がある人は、「お試し審査」を利用してみましょう。

配偶者の収入等を入力すると、審査に通るか簡易診断してくれます。あくまでも簡易診断ですので、この後の本審査の結果は異なることもありますが、一つの目安となるでしょう。

【ベルーナノーティスレディースローン】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上80歳以下
申込要件 本人にまたは配偶者に安定した収入のある方
借入可能額 1万円〜300万円
実質年率 4.5%〜18.0%
遅延損害金 20.0%
返済方法 ・毎月5日口座から引き落とし
・銀行振込も可(5日または27日)
・ATMからの返済
担保・保証人 不要
特徴 ・配偶者貸付で専業主婦も可
・女性専用番号あり
・14日間の無利息期間あり

昭和37年創業のレディースフタバ

レディースフタバは、女性のサポートを得意としている消費者金融です。あまり名前は聞いたことがないかもしれませんが、50年以上の実績のある堅実な会社です。

女性の利用者が多く、急ぎの場合には、16時までに審査が完了すれば、即日振込もしてもらえます。

専業主婦については、「借入可能」と公式サイトに明記はされていません。

結論からいいますと、レディースフタバは配偶者貸付制度を採用しておりますので、配偶者の同意が得られれば利用可能です。

借入できるかすぐに回答してくれる「3問診断」をやってみますと、年収を入力する欄に「専業主婦の方は「0」をご入力ください」とあります。

その通りに0円で入力しますと、「ご入力いただいた内容だけでは お借入可能か判断できませんでした。」と出ます。

電話にてご相談くださいとありますので、問い合わせをしてみると、配偶者貸付についての説明がありますので、条件を満たせば申し込みができるということです。

内緒で借りることは難しいですが、同意が得られれば専業主婦でも借入可能です。

初めての方は30日間利息が0円という特典もありますので、どうしても必要な場合は、配偶者に相談の上、申し込んでみてください。

【フタバのレディースキャッシング】

条件等 内容
申込年齢 20歳以上73歳以下
申込要件 本人または配偶者に安定した収入があること
借入可能額 1万円〜50万円
実質年率 14.959%〜17.950%
遅延損害金 19.945%
返済方法 ・2〜72回
・指定された銀行口座へ振込
担保・保証人 不要
特徴 ・初回は30日間無利息
・16時までに審査完了なら即日振込可能

配偶者に内緒でお金を借りたい!バレないように気をつけること

夫に内緒で借金をした主婦の8割が、「最終的にバレた」と回答している調査結果があります。

バレてしまった理由として、

  • 返済が遅れて督促電話が家にかかってきた
  • 洋服のポケットに入れたままだった明細書が見つかった
  • シール式ハガキを開封されてバレた

といったきっかけが多く回答されていました。

このようにお金を借りていることを配偶者に知られたくないという人は、審査を通過した後にも気をつけたいポイントがあります。

うっかり知られないように、以下のことに注意してください。

家に届く郵送物に注意すること

とくに明細書でバレてしまうことが多いようです。

web明細書や公式アプリなどを利用して、できるだけ輸送物が家に届かないようにできないか、確認しておきましょう。

通帳を見られないようにすること

返済を口座引き落としにしていると、返済の記録が全て口座明細に残ってしまいます。

もし引き落としにしている場合には、通帳を見られないように気をつけてください。できれば、ATMで直接返済した方が安全でしょう。

ネット銀行ならスマホアプリだけでやりとりができるので、なるべく証拠が残らない方法にしておきましょう。

返済が滞って連絡されないようにすること

借りたお金は、計画的に返済していきましょう。決して、ブラックリストに載らないように気をつけてください。

返済が滞ると、借入先から電話がかかってきますので、それをきっかけにバレる可能性があります。

もしどうしても返済に困ったら、そのまま黙っているのではなく、自分から銀行に連絡するようにしてください。無理のない返済ができるよう相談に乗ってくれるでしょう。

少なくても安定収入があればお金を借りられる

専業主婦が借入できるカードローンでも、実際に借りられる金額はそれほど高くはありません。

それならば、借りるよりも自分で稼ぐという方法も検討してみてください。

  • 数時間のパート
  • 在宅ライターで収入を得る
  • 手作りのアクセサリーを売るなど趣味を仕事にする

など、1ヶ月に数万円なら経験がなくてもできる仕事はいろいろあります。

特に最近は在宅でできる仕事も増えてきていますので、子供がいてもできる仕事を探すことは可能です。

今ないものは、1ヶ月後にもないと思った方がいいです。今から少しずつ働いて蓄えを増やしていけば、お金を借りなくても済みますし、自分で自由にできるお金も増えていくでしょう。

【Q&A】旦那に内緒でカードローンでキャッシングすると、どんな事になる?

Q.
結婚三年目の主婦です。その月々で出費はまちまちですが、友人の結婚式などのイレギュラーな出費があると、たまに足りなくなってしまいます。夫から家計の管理は任されているので、もう少しお金をくれとは言いにくいです。

そこで思い出したのが、独身時代に使っていたキャッシングです。足りない時にうまく調整して、お金を借りようかなと思っています。

しかし、夫に内緒でキャッシングすることで、何か大きなトラブルが起こらないか心配です。

A.バレてしまった場合、離婚や、夫の収入で返済してもらうことに

前章と同様の調査では、バレてしまった後、関係性は変わったか?という質問に対して、半分以上の53.6%が「夫が返済に協力的だった」と回答しています。

離婚の話し合いになったという回答は14.3%、実際に離婚したという回答は21.4%…この数字をどう感じますか?

仮にキャッシングを夫に黙って重ねて、多重債務に陥ったとしましょう。「もう一人では抱えきれない」となった時に初めて夫に相談する。その段階に到ると、道は多くはありません。

夫の収入で多重債務の借金を返すことができればいいですが、できない場合は債務整理をせざるを得なくなります。

そもそも、法律上は配偶者の借金を返済する義務はありません。旦那さんが返済に協力してくれないことだってあり得るのです。

債務整理をするとなると、弁護士費用にプラスして、個人信用情報機関に債務整理者として、また官報(政府が一般国民向けに刊行している広告文書)に自己破産者として掲載されます。

こうなってしまえば、どんなに黙って繕っても、最終的にはバレてしまうのです。キャッシングだけでなく、お金が絡むことは、できれば配偶者と相談のうえで、慎重に決めることをお勧めします。

同調査でも、やはり「自分で背負い込まずに旦那に相談すればよかった」と夫に内緒でキャッシングを利用したことを後悔する声が多かったのです。

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンを利用しよう

通常、お金を借りる時には、本人に安定した収入があることが条件です。収入がなければ、返済ができないからです。

しかし、配偶者貸付を行っている金融機関であれば、原則として配偶者の同意が必要となりますが、専業主婦の方でも申し込むことができます。

ただし同意が必要なのは、貸金業法の総量規制の対象となる消費者金融であり、対象となっていない銀行カードローンを利用すれば、配偶者に連絡がいかず、自分の本人確認のみで申し込みができます。

審査に落ちたら不安だからと、いくつものカードローンに一度に申し込まないことも大切です。「申し込みブラック」といわれる状態になると、通る審査も通らなくなるからです。

また、配偶者にお金を借りていることを知られたくない人は、申し込んだ後も、通帳に記録が残らないよう、口座引き落としよりはスマホアプリなどを使って方が安心です。

※記載の情報は2021年3月現在のものです。

関連記事

閉じる バレずに借りられる