お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

【最短即日】ブラックでも借りれるところ。お金を借りたいときの手順

いきなり厳しいことを言うようですが、ブラックでも借りれるところはありません。

ですが、あなたが自身をブラックだと思い込んでいる、という可能性はあります。自分はブラックだと思っている方でも、「本当は違った!」という場合があるのです。

まずは信用情報のチェックをしましょう。よくある思い込みの原因は「短期間の延滞」や「過去に申し込み経験があって断られた」ということです。

ブラックではないと分かれは安全な大手の消費者金融など借入先は多数ありますし、万一ブラックだった場合でも解除方法はあります。

ブラックでもお金を借りたい時にはどうしたらいいのか、見ていきましょう。

本当にブラック?信用情報の確認は誰でも簡単にできます

「自分がブラックかも?」そう思ったら、信用情報機関をチェックしましょう。

中にはブラック登録されていないのに、「1日返済日に間に合わなかったらブラック登録されてる」「以前カードローン審査に通らなかったからブラックだ」と思い込んでいることもあります。

ネットの口コミでよく見る「ブラックなのに審査に通った」は、本当はブラックではなかった可能性もあります。

自分は本当にブラックなのか、確認のためにもチェックしてみましょう。

ブラックとは「金融事故」のある人

そもそもブラックとは「信用情報に金融事故が載っている方」を言います。本当に「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありません。

金融事故には「長期延滞」「強制解約」「代位弁済」「債務整理」が該当します。

金融事故 内容
長期延滞 返済日より61日以上または3か月以上の支払いの遅れ
強制解約 カードローン会社から強制的に解約される
代位弁済 保証会社が契約者に代わってカードローン会社に支払いを行う
債務整理 任意整理・個人再生・自己破産等、借金減額や返済義務の免除

このように、短期間の延滞行為があったことや、以前審査に通らなかったからブラックになる、ということではありません。

信用情報機関の「異動情報」でチェック

自分がブラックに該当するのか確認するときは、信用情報機関の「異動情報」をチェックしましょう。

日本には株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つの信用情報機関があり、カードローン会社はいずれかに加盟しています。

信用情報機関 加盟業者
JICC 消費者金融、クレジット会社、信販会社、リース会社等
CIC 消費者金融、クレジット会社、信販会社、携帯電話会社等
KSC 銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、農協

まずは、利用しているカードローン会社がどの信用情報機関に加盟しているのか、チェックしましょう。

プロミスの場合、「個人情報保護方針 > 個人情報の取扱いについて」のページ、アコムでは「各種取り組みについて当社の加入する信用情報機関について」のページで記載されていました。

加盟している信用情報機関が分かったら、そこへ「信用情報の開示」の手続きを行います。例えばCICで信用情報の開示をする場合は次の3つの方法があります。

  • インターネット(パソコン・スマホ)
  • 郵送
  • 窓口

パソコンを使ってインターネットで開示する流れは以下です。

CICのホームページで「自分の信用情報を確認」をクリック

「パソコン開示」をクリック

ページ下部にある青いボタン「パソコンでの開示手順へ」をクリック

「お手続き前の確認事項」を確認

クレジット契約で利用した電話番号から「受付番号」を取得

お客様情報の入力

開示報告書の表示(PDFファイルのダウンロード)

パソコンで信用情報を開示すると、利用手数料として1,000円かかります。利用のクレジットカード会社から請求されますよ。

開示報告書には「契約内容」や「支払いの状況」が載っています。「支払いの状況」に「異動」とあれば、金融事故に該当します。つまりブラックです。

「延滞」も金融事故

既に紹介した通り、「延滞」も金融事故になります。ただし、61日以上または3か月以上の長期の延滞がブラック扱いです。

「返済が1日遅れた」「次の給料日まで待ってもらった」時には、ブラックにはなりません。

ですが、短期間の延滞でも繰り返し何度も行っていると金融事故として信用情報に載ってしまうので、「短期間だけど何度も延滞をした」方は信用情報を開示して確認しましょう。

短期間に複数の申し込みもブラックになる

金融事故には「長期延滞」「強制解約」「代位弁済」「債務整理」があり、これらに該当するとブラックになることを説明しましたが、他にも短期間に複数社に申し込むことで該当する「申込みブラック」があります。

CICもJICCも申込情報を6か月間残しています。例えばこの期間に3社も4社も続けてカードローンに申し込みを続けていると、「お金に困っている人」という印象になりますよね。

「お金に困っている人に返済能力はあるのか」「きちんと返済してもらえるのか」とマイナス影響を与えてしまいかねないのです。

そのため1~2社に申し込みをしたら、申込情報の消える6か月間は申し込みをしない方が得策です。

ずっとではない!ブラック期間は5~10年

一度ブラックになると、「ずっとブラックのまま」ではありません。

信用情報機関に登録されている期間は決められており、その期間を過ぎるとブラックではなくなります。

ブラックの期間は5~10年ですが、金融事故の原因によって異なります。

信用情報機関 原因 登録期間
CIC 延滞、保証履行(代位弁済)、破産 契約終了後5年以内
JICC 延滞、債務整理、保証履行、強制解約等 契約終了後5年以内

いずれも「契約期間中および契約終了後5年以内」が登録期間です。

ただしJICCでは2019年9月30日以前の契約に関しては、「発生日から5年を超えない期間」です。どちらにしても、「5年」がポイントですね。

ですが、個人再生や自己破産などの裁判所を通して行う債務整理の場合、官報に記録されます。この記録が10年なので、個人再生や自己破産をした場合、10年間は金融事故の記録が残りますよ。

”元”ブラックとなるためには、金融事故を起こしたカードローン契約終了から5~10年経過し、信用情報機関や官報から金融事故情報がなくなるのを待つしかないのです。

ブラック情報がなくなる頃に開示請求をしよう

元ブラックになったかは、信用情報を開示してチェックしましょう。

ちなみにJICCでもスマホ・郵送・窓口で手続きができます。JICCでスマホを利用して信用情報開示の場合は以下の流れになります。

アプリのダウンロード

利用規約を確認後、メールアドレス送信

JICCよりパスワードが届く

申込内容の入力

本人確認書類や自撮り写真の撮影・送信

手数料の支払い方法を選択

申込内容の確認・開示結果の郵送

JICCでも信用情報の開示には利用手数料が必要です。スマホで開示する場合はCICと同じ1,000円(税込)なので、クレジットカードで支払うとスムーズです。

JICCではクレジットカード以外にも、コンビニ支払い、ペイジー対応金融機関でATM払い、オンラインバンキングで支払いが選択できますが、開示手数料の他に支払い手数料がかかります。

クレジットカードの1回払いでは支払手数料が不要なので、節約の意味でもクレジットカード払いがおすすめですよ。

信用情報を開示して、延滞・債権回収・債務整理・破産申立・特定調停・民事再生・保証履行・代位弁済・強制解約などの異動情報が消えていたら、ブラック解除となり元ブラックであるということがわかります。

元ブラックなら大手消費者金融へ申し込める!おすすめ3選

元ブラックであれば、カードローン会社が信用情報機関へ照会を行ってもブラック情報がありませんので、大手消費者金融にも申し込めます。

大手消費者金融なら銀行カードローンにはできない最短即日融資が可能なところもあり、すぐにお金が必要だという方も大助かりでしょう。

他にも、無利息期間、来店不要、アプリで借りれるなど、豊富なサービスがあるので、自分に合ったものを検討してみてください。

今すぐお金が必要な人向けのプロミスなら、最短即日融資が可能

プロミスの申し込み条件は、20歳~69歳で本人に安定した収入がある方です。申し込む時間帯にもよりますが、最短即日融資に対応しており、急いでお金を借りたいときに助かります。

インターネットから申し込み、そのままWEBで契約を済ませると、借入れまで来店不要で利用できます。

アプリで新規申し込みから借入れまで完結できるので、カード不要でスマホで借入れ・返済の取引ができますよ。

詳しくはプロミス審査記事をご覧ください。

SMBCモビットは最短30分審査でカード発行も無し

SMBCモビットの申し込み条件は、20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方です。

祝日を除いた月~金の19:00までに申し込んだ場合、最短30分で審査完了※となり、WEB完結ではカード発行もないため、入会完了メールが届くと、すぐに利用可能です。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

もちろん来店不要で手続き可能なので、店舗の時間を気にして行動する必要もありません。

SMBCモビットもアプリがあるので、セブン銀行ATMでアプリを使って借入れ・返済ができますよ。

SMBCモビットをプロミスと比較した際にデメリットとなるのは、「無利息期間が無い」ことです。

なるべく利息を安く完済したいという方にはちょっと痛いポイントです。

モビット審査記事も是非ご覧ください。

アコムも来店不要で最短即日融資が可能

アコムの申し込み条件は、20歳~69歳の安定した収入と返済能力のある方です。インターネットか電話で申し込み、インターネットまたは来店で契約すると、最短即日融資が可能です。

インターネットで申し込み、そのままインターネットで契約、振込による借り入れを利用すると、来店不要で借り入れもできます。

アコムのスマホアプリでは振込手続きもできるので、口座にお金が必要な時には振込を利用すると便利です。

カードローンは50万円以下の借入れなら基本的に収入証明書不要

消費者金融などのカードローンでは、50万円以下の借入れなら基本的に収入証明書不要です。

「基本的に」と書いたのは、例外があるからです。消費者金融などの貸金業者からの借入れについて定めている法律「貸金業法」では、収入証明書が必要になるケースを以下のように定めています。

  • 借入額が50万円を超える場合
  • 他社の借入と合わせて借入総額が100万円を超える場合

つまり、A社で50万円を超える場合は収入証明書が必要です。

またA社30万円、B社40万円、C社40万円の借り入れをすると総額110万円なので、A社で50万円を超えていなくても収入証明書が必要です。これが例外ですね。

他にも申し込み先が必要だと認めた場合には収入証明書の提出を求められることもあります。収入証明書には以下があります。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

一番用意しやすい収入証明書は会社員なら源泉徴収票、個人事業主なら確定申告書ですね。

ですが、基本的には50万円以下の借入れであれば収入証明書は不要なので、申し込みもスムーズです。

誰にもバレずにお金を借りたい人にもピッタリ

消費者金融を利用するときには「誰にもバレずにお金を借りたい」方も多いですよね。

大手消費者金融ならインターネットで申し込み・契約が完了し、振込キャッシングで借り入れもできるため、手続きや借入時に誰かに会う心配がありません。

プロミス・SMBCモビットのいずれの消費者金融もスマホアプリを利用して、セブン銀行ATMで借り入れもできるので、手元に現金が必要な時も借入れだとは分からずに手続きができますよ。

特にプロミスでは来店不要で最短1時間で申込から借入が可能です。バレ対策として相談すれば親身にサポートしてくれるので、「はじめてで不安」という方にはプロミスがおすすめです。

特にSMBCモビットなら郵送物、さらに電話連絡はなしと公式ページに明記してあり、バレる心配が最も少ないと言えます。

ネットから申込の後、フリーコールに電話することでさらに融資スピードも速まり、手続き完了後最短3分で口座にお金を振り込んでもらえます。

在籍確認なしのカードローンは存在しない

誰にもバレずにお金を借りたいから、在籍確認なしのカードローンに申し込みたい方も多いですよね。

ですが、カードローン審査に在籍確認は必須です。なぜなら、どこで働いているのか確認しておかなければ、貸し倒れのリスクが高くなるからです。

申し込み条件にもある通り、カードローンは「安定した収入のある方」が利用対象です。安定した収入があるかの判断は、在籍確認で確認されます。

在籍確認と言えば、勤務先への電話連絡が主流ですが、電話連絡を避けたいならSMBCモビットの「WEB完結」があります。

SMBCモビットが行う勤務先の確認は、健康保険証と給与明細書の提出で確認されるので、基本的には勤務先への電話連絡はなしで済むのです。

審査が不安なら成約率の高いところを選ぼう

「審査ダメかもしれない…」と不安があるなら、成約率の高いところを選ぶと安心です。

消費者金融 成約率(2020/12)
三菱UFJファイナンシャル・グループ
アコム
41.5%(2021年3月期データブック)
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
35.7%(2021年3月期月次データ)

プロミスは、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスのサービスブランドです。

月次データはSMBCコンシューマーファイナンスの「無担保ローン」の成約率なので、サービスブランドはハッキリしません。

アコムの成約率は41.5%なので、審査に不安がある場合は、成約率の高いアコムを選んでみてはいかがでしょう。アコムは「はじめてのアコム」というように一社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いようです。

銀行カードローンは元ブラックでなくてもハードルが高い

お金を借りるところは、消費者金融だけではありません。銀行カードローンもありますね。

銀行カードローンでは、金利が低く、専業主婦も申し込み可能といったメリットがあります。

ですが、金融事故を起こした借入先が保証会社になっていた場合、審査に通ることができません。

信用情報機関に記載されている情報は年数が経つと消えますが、金融事故を起こした借入先の情報は半永久的に残ります。

例えばA社で金融事故を起こした場合、B銀行カードローンでお金を借りようと思っても保証会社がA社だったら、金融事故情報が消えないため審査に通りません。

銀行カードローンを利用しようと思ったら、保証会社までチェックするなど審査に慎重になる必要があります。手早く申し込みたいなら、過去に金融事故を起こしていない消費者金融へ申し込みましょう。

ブラックでも借りられる銀行カードローンはない

ネットで口コミを見ていると、「ブラックでも銀行カードローン審査に通った」というものがあります。

これは、信用情報機関の信用情報をチェックしておらず、「実はブラックではなかった」という可能性が高いでしょう。

銀行カードローンは、以前は即日融資に対応しており、融資額も総量規制を超えて借りることができましたが、現在は過剰な借入れにならないよう、しっかり審査を行っています。

銀行カードローンの審査結果は早くて翌営業日

現在は銀行カードローンに申し込むと、警察庁のデータベースに接続して反社会勢力のチェックがあるため、審査回答は早くて翌営業日です。

消費者金融なら最短即日融資に対応しているので、早く借りたい方には消費者金融の方が向いていると思います。

銀行カードローンは総量規制対象外だけど…?

銀行カードローンは消費者金融のように総量規制がありません。

総量規制とは「借入額は年収の3分の1まで」とする、貸金業者を対象に定められた法律です。

そのため、一見、銀行カードローンでは総量規制対象外なので年収の3分の1を超えて借り入れができるかと思われますが、銀行カードローンの過剰融資が社会問題になった過去から、返済能力を超えない貸し付けに努め、2017年より自主的に制限を設けています。

その制限とは、総量規制と同様、年収の3分の1まで、とされています。

総量規制対象外とはいえ、銀行カードローンの審査でも信用情報機関の活用などで申込者の現在の借入額をチェックし、返済能力等を確認してから融資額を決定しているのです。

「審査なし」の闇金に手を出すと返済が終わらない

元ブラックだけど、審査に不安があるから「誰でも借りれる闇金にしようかな」と思う方もいるかもしれません。

闇金は「カードローン審査なし」「誰でも借りれる」など甘い言葉で誘ってきますね。けれど闇金は違法業者です。違法業者なので利息制限法なんて関係なしで請求してきます。

利息制限法とは、上限金利を定めている法律です。

借入額 上限金利
10万円未満 年20.0%
10万円以上100万円未満 年18.0%
100万円以上 年15.0%

本来であれば、金利は上記を超えて請求できません。消費者金融は利息制限法があるため、上限金利を年18.0%にしているところが多いのです。

ですが、闇金では「トイチ」という言葉が有名ですね。これは「10日で1割の金利」つまり、30日で3割です。

例えば10万円を1か月(30日)借りると、10万円×30%÷365日×30日=2,465円の利息が取られてしまいます。

利息制限法の上限金利年18.0%では、10万円×18%÷365日×30日=1,479円なので、毎月約1,000円も多く支払うことになりますね。

闇金で借りてしまうと、毎月利息を多く支払うことになり、なかなか元本の返済が出来なかったり、完済しようと思っても応じてもらえなかったりして返済が終わりません。

消費者金融と闇金の見分け方

闇金を利用しないためにも、消費者金融と闇金の見分け方を覚えておきましょう。

  • 連絡先が携帯電話番号のみ
  • 登録貸金業者情報検索入力ページで検索
  • 利息制限法を守った金利かチェック

貸金業法では、貸金業者登録簿に登録された電話番号(固定電話かフリーダイヤル)以外の番号を広告に記載することを禁止しています。

そのため連絡先が携帯電話番号のみの場合は、闇金を疑いましょう。

また金融庁のホームページには「登録貸金業者情報検索入力ページ」があります。ここに貸金業者の情報を入力して、検索でヒットしなければ闇金です。

先ほど紹介した利息制限法を守っているかでも闇金かどうかの見分けがつきますね。

闇金以外にも気を付けた方がいい借入方法

闇金のような違法業者からの借入以外にも、どうしてもお金が必要な時には、虚偽の内容で申し込みたくなったり、名義貸しや口座売買などをしたくなったりするかもしれませんが、これらは犯罪です。

また後々のトラブルを防ぐためにも個人間の借り入れもやめましょう。

  • 虚偽の内容で申し込む
  • 名義貸し
  • 口座売買
  • 個人間の借り入れ

これらの行為は犯罪、または大きなトラブルに巻き込まれる可能性が高い行為ですので、やめてください。

現在ブラックでも借りれるところ

繰り返しになりますが、信用情報を開示して「異動情報」がなければ借入先は多数あります。ですが、異動情報があった場合、消費者金融などの貸金業者では借りれません。

そこで、信用情報を開示してブラックだと判明したけど、どうしてもお金が必要な時の対処法を見ていきましょう。

家族や親族から借りる

家族や親族からお金を借りたくないから貸金業者を頼る方も多いですが、貸金業者が借りれないなら家族や親族を頼るしかありません。

お金が必要な理由、返済プランなどをしっかり伝えると、借りれる可能性はありますね。

公的融資を利用する

公的融資とは、国からお金を借りる方法です。

公的融資制度 利用対象者
生活福祉資金貸付制度 低所得世帯・高齢者世帯・障害者世帯
求職者支援資金融資制度 無職や求職活動中の方
年金担保貸付 年金だけでは一時的な資金調達(医療費など)が難しい方
緊急小口資金貸付 今すぐお金を借りる必要性のある低所得世帯

生活福祉資金貸付制度は更に「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保生活資金」の4つの資金援助があります。

それぞれ利用対象が決まっており、失業などで一時的に生活に困っているなら「総合支援資金」を利用しましょう。

ちなみに「福祉資金」は障害者世帯、「教育支援資金」は就学または修学に必要な費用、「不動産担保生活資金」は高齢者世帯が対象です。

無職や求職活動中なら「求職者支援資金融資制度」がありますが、働けなくて生活費に困っているなら「生活保護」も検討しましょう。

国からお金を借りるには最短で1~2週間かかります。急いでお金が必要なら、すぐに社会福祉協議会へ相談に行きましょう。以下の必要書類を持参すると申し込みもスムーズですね。

  • 本人確認書類
  • 家族構成が分かる書類(住民票など)
  • 保証人の収入証明
  • 自立計画書
  • 個人情報提供の同意書

詳しくは自分が住んでいる市町村の社会福祉協議会へ連絡してみましょう。

自転車操業なら債務整理を検討

自転車操業でブラックになってしまったのなら債務整理という方法があります。

自転車操業とは返済のために他社から借入れすることです。例えばA社の返済のためにB社からお金を借りてA社に返済することですね。

これではA社の返済はできますが、B社の借入額はA社の借入額+利息となり、利息だけがどんどん増えていきます。

こんなときには司法書士や弁護士など専門家に相談して、債務整理を検討しましょう。借金の減額や免除など、自分の状況にあった債務整理の仕方を提案してもらえますよ。

定期預金を担保にお金を借りる

定期預金があるなら、「定期預金担保貸付」を利用しましょう。定期預金を解約せずに、低金利でお金を借りれます。総合口座通帳に定期預金があれば、手続き不要で自動的に利用できます。

普通預金の残高が不足すると、自動借入れとなり、普通預金に入金すると自動的に返済となるので、ちょっとしたお金の不足に便利ですね。

任意整理や自己破産などの金融事故に関わらず、今現在定期預金があれば利用できるため、ブラックの方でも利用できますよ。

生命保険でお金を借りる

生命保険に加入しているなら、知っておきたいのが「契約者貸付制度」です。

生命保険を解約するとき、契約者に解約返戻金が支払われます。契約者貸付制度では、この解約返戻金を担保にお金を借ります。

生命保険を解約すれば、返戻金を受け取れるのでお金を借りなくて済みます。ですが、解約してしまうと保障を受けることができません。

しかも、お金に余裕ができてから改めて生命保険に入り直すと、年齢が高くなる分、保険料も高くなる可能性もあります。

その点、「契約者貸付制度」を利用しておくと、保険はそのままで必要なお金を借りることができるのです。生命保険に加入していれば利用できるので、ブラックの方でもOKです。

質屋でお金を借りる

銀行カードローンや消費者金融では「信用」を担保にお金を借ります。そのため金融事故があると「信用」されにくくなり、審査に通ることができません。

一方、質屋では「品物」を担保にお金を借ります。借りれる金額は持ち込む品物の買取相場(定価、製造年など)と品物の状態(新品か中古、保存状態など)次第です。

銀行カードローンや消費者金融では、借りたお金と利息を毎月返済していきます。借りたお金と利息の全額を支払うまで返済が続きます。

質屋では、期限までに借りたお金と利息を用意できれば品物の返品、用意できなければ品物の売却となり、返済できなければ品物を失うだけで、それ以上のペナルティはありません。

腕時計やジュエリーなどの貴金属、ブランドバッグ、財布、カメラ、パソコンなど担保にできるものがあるなら、利用の検討ができますね。

不用品の売却でお金を受け取る

お金が必要なときには、フリマアプリやネットオークション、リサイクルショップなどを利用して、使わなくなったものを売る方法があります。

フリマアプリなら価格を出品者が決めることができ、希望額で買い取ってもらえる可能性もあります。

ネットオークションなら価格を決めるのは購入希望者です。売れるまで時間がかかることもありますね。

リサイクルショップなら価格は査定で決まります。買い取り不可も多いが、その場で査定してお金を受け取れるのでスピーディです。

日雇いバイトで稼ぐ

「ブラックでお金を借りれない」「家族や親族も貸してくれない」「定期預金や生命保険はない」「質屋に入れる物もない」「売る物もない」、そんな時にはバイトです。

単発バイトや日雇いバイトなら、その日に給料を受け取れることも多いです。「お金を借りる」から「お金を稼ぐ」に発想転換しましょう。

中小消費者金融なら借りてもOK

大手消費者金融であれば知名度も高く安心して借りれますが、中小消費者金融も正規の消費者金融なので借入先として検討できます。

中小消費者金融では最高融資額が低い、金利が高め、契約に来店が必要、ATMが使えないなど、大手消費者金融と比べると利便性が低いです。

一方で、他社での借り入れが3社あってもOK、配偶者貸し付けで専業主婦の借り入れもOKといった柔軟なところもあります。

大手消費者金融の審査に落ちてしまったら、中小消費者金融を検討するという方法もありですね。

ブラックかも?そんな時は信用情報を開示してから借入先を検討

何度も言いますが、「ブラックでも借りれるところ」はありません。

「ブラックかも?」と思ったら、本当にブラックなのか信用情報を開示して確認しましょう。

信用情報を開示して「異動情報」がなければ、ブラックではありません。最短即日融資対応、無利息サービスありの大手消費者金融で借入が可能です。

「ブラックでも借りれた」「審査が甘い」といった言葉は闇金である可能性が高いです。こういったところには関わらず、ここで紹介した方法で借りれるところを探してみてくださいね。

関連記事

閉じる
バレずに借りられる