お金の知識が学べるカードローン・カレッジ

【アコム解説】お金の借り方から返済方法。誰にもバレずに申し込み!

お金を借りるとき、一番気にすることはどんなことですか。やはり、「安心して利用できるか」ですよね。

アコムなら大手消費者金融で知名度が高く、利用者も多いので安心して申し込めますよ。

「名前は知ってるけど…」「お金の借り方が難しそう」「急いで現金を借りたいけどできる?」そんな疑問をここで解決していきましょう。

アコムの申し込み方法、審査内容、金利、借入・返済方法など、利用する前に知っておきたいことはたくさんあります。さらに利用後に役立つ増額方法、解約方法もチェックしましょう。

アコムには公式スマホアプリ「myac」もあるので、アプリや会員サービスなど、便利に使える内容も紹介していきますよ。

アコムでお金を借りる3つの嬉しいポイント

アコムには、3つのポイントがあります。

  • 30日間金利0円サービス
  • 最短即日融資可能
  • 支払う利息は借りた日数分だけ

どんな内容なのか詳しく見ていきましょう。

アコムの30日間金利0円サービス

はじめて利用する方に限られますが、アコムでは「契約日の翌日から30日間金利がかからない」サービスがあります。

例えば3万円借りて、30日以内に全額返済できると、返済総額は3万円です。利息がかからないので借りた分だけの支払いで済みます。無駄な出費は抑えたい方にピッタリですね。

30日を超えて利用残高がある場合、通常金利(年3.0%~18.0%)の適用となるので、金利0円サービスを利用したからと言って損することはありません。安心して利用できますね。

ただし、適用期間は「契約日の翌日から」で「利用日の翌日から」ではないので気を付けましょう。

アコムでは最短即日融資可能

「急いで現金が必要」な方にも、アコムはおすすめです。

アコムでは、インターネット・店頭窓口・自動契約機(むじんくん)・電話で申し込むと最短で即日融資が可能です。

申し込み方法 受付時間 審査可能時間
インターネット 24時間365日 20:45まで
店頭窓口 9:30~18:00(土日祝日は休業) 18:00まで
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始期間は除く) 21:00まで
電話 24時間365日 18:00まで

即日融資希望で、インターネットで申し込む場合は、19:00までに申し込みや書類の提出が完了している必要があります。

店頭窓口や自動契約機の場合も、営業時間ギリギリの来店では、当日中の借入が難しくなる可能性もあるので、余裕をもって来店することがポイントですよ。

支払う利息は借りた日数分だけ

アコムに支払う利息は、借りた日数分だけです。例えば3万円を金利18.0%で10日間借りると、借入残高(3万円)×金利(18%)÷365日×借入日数(10日)=147円が支払う利息です。

同じ3万円を金利18.0%で借りても、借入日数が30日になると、3万円×18%÷365日×30日=443円の利息を支払います。

早く返せば返すほど支払う利息は少なく済むので、できるなら短期間での一括返済がおすすめですよ。

アコムの商品概要。金利や上限額

アコムの融資額は1万円~800万円までです。ただし、誰でも800万円まで借りられるわけではなく、年収や審査によって決まります。

アコムは年収の3分の1を超える借り入れはできないとする「総量規制」を守らないといけないので、800万円借りようと思ったら年収2,400万円必要です。

年収300万円の方であれば、融資額は最高で100万円までですよ。

アコムの商品概要 内容
貸付条件 20歳以上69歳以下、安定した収入と返済能力のある方
融資上限額 1万円~800万円
金利 年3.0%~18.0%
遅延損害金 年20.0%
担保・連帯保証人 不要

アコムの金利は年3.0%~18.0%

アコムの金利は年3.0%~18.0%と幅があります。どの金利が適用になるかと言えば、多くの方は年18.0%です。

契約極度額 適用金利
1万円~99万円 年7.7%~18.0%
100万円~300万円 年7.7%~15.0%
301万円~500万円 年4.7%~7.7%
501万円~800万円 年3.0%~4.7%

アコムのデータブックによると、2020年12月の貸付金利別口座数構成では、金利年15.0%~18.0%の割合は70.1%、金利年10.0%~15.0%の割合は23.1%です。

はじめての利用でアコムとまだ信用関係が築けていない状況では、アコムの上限金利年18.0%が適用となる可能性が高くなります。

金利を下げるには増額か交渉

金利が上限金利だと思うと、何とか下がらないか気になりますよね。

実は金利を下げる方法は2つあります。

  • 増額で極度額を上げる
  • 金利の交渉をする

先ほどの表を見ると分かる通り、アコムの上限金利は契約極度額によって変わります。例えば契約極度額80万円から100万円に増額できると、金利は高くても年15.0%です。

金利を交渉で下げるよりも、増額に伴って下がるほうが確実ですね。

ちなみに増額審査でも交渉でも、アコムと信用関係が築けていることがポイントです。

これまでに延滞がない、長期間利用している、収入が上がっているなど、優良顧客であると増額審査の申し込みや交渉がしやすくなりますね。

アコムの4つの申し込み方法|ネット・電話・郵送・店舗

アコムの申し込み方法は4つあります。それぞれ、申し込みから借入れまでの流れを見ていきましょう。

インターネットで申し込み

スマホやパソコンを使ってインターネットで申し込むと、4ステップで完了です。

アコムのホームページにある「お申し込み」をクリック

「お客さま情報」の入力

書類の提出(本人確認等)

審査完了・契約手続き

インターネットでの申し込みなら24時間365日対応していますので、思い立った時にすぐ申し込むことができます。書類は、5つの提出方法から選べますよ。

  • 会員ページからアップロード
  • アプリからアップロード
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

そのままネットで提出しようと思ったら、会員ページやアプリからアップロードしましょう。

審査の結果連絡は最短30分です。審査完了後、「契約手続きのお願いメール」が届き、契約内容を確認・同意すると契約完了です。

カードの受け取り方法は店頭窓口・自動契約機(むじんくん)への来店、自宅へ郵送の2通りです。

店頭窓口・自動契約機(むじんくん)でカードを発行すると、自宅への郵送物なしで契約が完了します。自動契約機でのカード発行は21:00までです。

電話で申し込み

電話で申し込むと、2ステップで完了です。

フリーコールへ電話・審査

審査完了・契約

アコムのフリーコールへ連絡すると、融資可能か返事が返ってきます。18:00以降の連絡には翌日以降の回答となるので、早めの申し込みがスムーズです。

審査が完了すると、契約です。契約方法は4通りあり、都合に合ったものを選ぶことができます。

  • インターネット
  • 来店
  • 郵送
  • FAX

契約方法にインターネットを選ぶと、ショートメッセージで登録用URLが送られてきます。URLをクリックし、必要書類をアップロードしましょう。カードの受け取りは自宅へ郵送か来店です。

契約方法に来店を選ぶなら、本人確認書類を用意してアコムの店頭または自動契約機(むじんくん)へ行きましょう。その場でカードも受け取れるのでスピーディですね。

契約方法に郵送を選ぶと、申込書類が自宅に届きます。必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に返送しましょう。手続き完了後、カードなどが自宅へ届きます。

差出人は「ACサービスセンター」なので、家族にバレる心配もありません。

契約方法にFAXを選ぶなら、FAX専用契約書類一式をパソコンから出力しましょう。平日14時までに必要書類を提出できると、即日融資も可能です。

郵送で申し込み

郵送で申し込む場合、フリーコールへ電話して申込書類の請求から始まります。

フリーコールへ申込書類の請求

申込書類に記入し、必要書類を同封して返送

審査完了・契約手続き

申込書類は「ACサービスセンター」名で届くので、家族に差出人を見られても安心ですね。

審査結果は、電話連絡です。担当者の個人名での連絡なので、家族が電話をとってもアコムの利用がバレることはありません。

契約手続き後は、自宅へ契約書類とカードが届きます。カードを受け取り次第、会員ログインかアコムへ電話連絡すると使えるようになります。

店舗で申し込み

店舗で申し込む場合、店頭窓口と自動契約機があります。

店舗 所在地 営業時間
西新宿支店 東京都新宿区 平日9:30~18:00
川崎駅前支店 神奈川県川崎市 平日9:30~18:00
天王寺支店 大阪府大阪市天王寺区 平日9:30~18:00
梅田支店 大阪府大阪市北区 平日9:30~18:00

アコムの店舗は上記4か所です。自動契約機(むじんくん)なら全国に938カ所(2020年3月現在)あり、営業時間も9:00~21:00(一部店舗を除く)、年末年始以外は年中無休なので、来店しやすいです。

申し込み方法は、必要書類を持って営業時間内に来店するだけですね。その場で審査結果の回答があり、カード発行まで終わりますよ。

事前にインターネットで申し込みをしておくと、審査まで完了しますので契約のみの来店で済みます。

スピーディに手続きをするには事前申し込みがおすすめですよ。

必要書類は本人確認書類

必要書類は基本的には本人確認書類です。

  • 運転免許証(表・裏)
  • 健康保険証(表・裏)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

スマホアプリで提出する場合、上記の中から1点提出します。

Web(アップロード)、FAX、郵送で提出する場合、上記の中から2点提出します。1点しかない場合は、住民票の写し・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK等)などのいずれかを合わせて提出しましょう。

来店で提出する場合、上記の中から1点の提出します。ただし健康保険証の場合は、契約後にアコムから郵便物を送ってもらうか、住民票の写し・公共料金の領収書などの補足書類の提出が必要です。

保険証の記号・番号・保険者番号・QRコードやマイナンバーカードのマイナンバー・本籍地などは塗りつぶして、写らない状態で提出しましょう。

50万円を超える借り入れには収入証明書が必要

アコムなどの貸金業者では、貸金業法によって以下に該当する場合、収入証明書の提出を求められます。

  • アコムで50万円を超える契約を行う場合
  • アコムと他社の借入を合わせると100万円を超える場合

収入証明書を提出するときには、以下のいずれかの書類を用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

たった3項目の入力でOK!アコムの3秒診断が心強い

アコムに申し込むときには、審査に通るか不安になりますよね。そんな時に試しておきたいのが「3秒診断」です。

  • 年齢
  • 年収(総支給額)
  • カードローン他社お借入状況

上記の3項目に入力するだけで借入可能かを診断してもらえます。

もちろん簡易診断なので、実際の審査結果と異なる場合もありますが、審査が不安で申し込めない時には申し込むきっかけになります。

診断結果で「お借入できる可能性が高いです」と表示されると、申し込む自信もつきますね。

アコムの審査は厳しい?新規貸付率は41.5%と高め

アコムのデータブックによると、2020年12月の新規貸付率は41.5%です。つまり、おおよそ2人に1人は審査に通ります。

2020年 3月 6月 9月 12月
新規貸付率 43.6% 42.2% 40.3% 41.5%

新規貸付率が常に40%を超えていますので、「20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力のある方」という申し込み条件を満たしているなら、安心して申し込めますね。

審査では「安定した収入」と「信用情報」がポイント

アコムの審査内容や審査基準は公表されていませんが、申し込み条件から「安定した収入」を重視していることが分かります。

また申し込み時の入力内容でも、勤務形態・会社名・入社年月・収入・保険証種類の入力があり、収入源となる勤務先は正確な申告が重要です。

勤務先への在籍確認があるので、虚偽の申告をすると審査に通りません。

「3秒診断」では、「カードローン他社お借入状況」の入力があり、申込書でも「他社借入状況」の申告があるので、他社での借り入れ状況もポイントですね。

他社での借り入れ状況は、申込者が申告しなくても信用情報を照会すると分かります。やはり虚偽の申告をしていると、すぐにバレるので審査に通らない原因となりますよ。

審査時間は最短30分

アコムの審査時間は最短30分です。既に紹介した通り、即日融資も可能なので、急いでお金を借りたい方にもピッタリです。

インターネットから申し込み、審査結果をメールで受け取り、受信したメールから契約・借入れができるので、最短60分でお金を借りることができます。

口コミにも、「申し込んで30分くらいで審査OKのメールが届き、1時間以内に手元に現金が入った」とあるので、即日融資に期待できますね。

ただし、申し込む時間帯や審査の混み具合によっては時間がかかることもあるので、早めの申し込みがポイントです。

入力ミスは審査落ちの原因になるので注意

急いでお金を借りたい時には、急いで申し込んでしまいがちですが、そんな時こそ落ち着いて入力しましょう。何度も見直して、入力ミスがないか確認しましょう。

繰り返しになりますが、審査では勤務先への在籍確認や信用情報が重要です。

勤務先の電話番号が間違っていたら在籍確認ができません。信用情報機関を照会した時に、他社借入状況に相違があると信用を失います。

在籍確認ができなかったり、信用情報が虚偽であると判断されたりすると、審査に通ることができません。誤解を招かないためにも、入力ミスがないように心がけましょう。

アコムの借入方法|ATM・振込

アコムの借入方法はアコムATM、提携ATM、振込です。両方の使い方を知っておくと、効率よく利用できますよ。

ATMで借り入れ

アコムのATMには、アコムATMと提携ATMがあります。

アコムATMは全国各地にあり、一部を除いて各店舗に併設されているため、自動契約機で契約後、すぐ借り入れができるようになっています。

毎週月曜日の午前1:00~5:00の間は定期点検で利用できませんが、月曜日以外は24時間年中無休の営業です。アコムATMなら利用手数料も無料なので、いつでも安心して借り入れができますよ。

提携ATMはコンビニやショッピングセンターのATMが利用できます。利用できるかの判断はアコムのステッカーが目印です。

ATM アコムATM 提携ATM
利用時間 24時間年中無休 提携先金融機関による
定期点検 毎週月曜日1:00~5:00 提携先金融機関による
利用手数料 0円 110円~220円

提携ATMはセブン銀行、イーネット、ローソン銀行、イオン銀行、地方銀行など多数あり、アコムATMと提携ATMを合わせると51,344台(2020年3月現在)です。

セブン銀行やイーネット、ローソン銀行は24時間利用可能ですが、セブン銀行ATMは23:50~0:10の間、イオン銀行ATMは23:45~0:10の間はメンテナンス時間となり利用できません。

毎週月曜日1:00~5:00の定期点検はアコムATMと提携ATMの両方が該当しますので、月曜の早朝は利用できない時間があることを覚えておきましょう。

ATMの操作方法は、カードを挿入して取引内容を選択、暗証番号を入力、取引金額の入力なので、普段預金を引き出す方法と同じですね。

振込で借り入れ

アコムでは、ATMで借りる以外にも振り込みでお金を借りれます。楽天銀行なら24時間いつでも、最短1分程度で振込完了となるので助かりますよ。振込手数料0円なので、手数料の心配もありません。

振込名義は「ACサービスセンター」です。パッと見ただけではアコムからの振り込みとは分かりませんね。

楽天銀行以外にもインターネットの会員メニューから振込手続きをすると、最短1分程度で振込完了となる金融機関は多数あります。対象となる金融機関や曜日・時間帯は以下です。

金融機関 曜日 受付時間
楽天銀行 月曜~日曜・祝日 0:10~23:49
三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ 月曜 9:00~23:49
三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ 火曜~金曜 0:10~23:49
三菱UFJ・ゆうちょ・三井住友・みずほ 土・日・祝日 9:00~19:59
振込実施時間拡大金融機関 月曜~金曜 9:00~17:29
その他金融機関 月曜~金曜 9:00~14:29

三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行は、最短1分で振込となるのは曜日によって異なりますが、深夜・早朝・土日祝日にも対応していますので利用しやすいです。

振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関は、自分が利用している金融機関で確認しましょう。

上記に該当しない曜日・時間帯では、振込実施は営業時間内になります。例えば、ゆうちょ銀行で月曜日の9:00前に振込手続きをすると、振り込まれるのは当日9:30頃です。

その他にも電話から振込手続きができます。電話の場合は、最短1分で振込完了とはならず、金融機関の営業時間内に振り込みますよ。

アコムは1000円単位で借入ができる

アコムでは1000円単位でお金を借りることが可能です。

「とにかく細かく借りて少しでも返済の負担を軽くする」ことは重要ですよね。つまり、必要以上のお金はできれば借りないことが賢明です。

しかし、大半の消費者金融会社では借り入れの最小単位は1万円となっています。1万3000円だけ借りたいと思っても、1万円単位なので2万円借りるか、あるいは1万円だけ借りて残りの3000円は自分でなんとかするか、なのです。

これでは使い勝手が良いとは言えませんよね。また、余分に借りた7000円にも金利がかかりますので、7000円プラス金利分を借りたくないのに借りて返済しなければならなくなるのです。

しかし、アコムは1000円単位でお金を借りることができるので、この点でメリットが大きいと言えるでしょう。

  • 自動契約機
  • アコムの店舗に設置してあるATM
  • セブンイレブンのATM

であれば、1000円単位での借り入れと返済まで可能になります。しかも24時間営業なので深夜でも利用でき使い勝手がいいですよね。

アコムの返済方法|ネット・店頭・ATM・振込・口座振替

アコムの返済方法は、インターネット、店頭窓口、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替(自動引き落とし)の5通りから選べます。

口座振替以外は自由に変更できるので、毎月都合のいい方法で返済しましょう。口座振替へ変更したい時には、店頭窓口や郵送で手続きしましょう。

それぞれの返済方法を具体的に見ていきましょう。

インターネットで返済

インターネット返済は、Pay-easy(ペイジー)を利用しています。

ペイジーとは、収納機関と金融機関を共同のネットワークで結び、公共料金・税金などの支払いをインターネットバンキングで支払えるようにしたサービスです。

つまりインターネット返済を利用するには、事前にアコムのインターネット返済が可能な金融機関でインターネットバンキングの契約が必要です。

アコムのホームページから会員ログイン

「MENU」ボタンから「インターネットでのご返済」をクリック

返済口座の選択

返済金額を入力

「金融機関でお手続きを進める」をクリック

利用している金融機関を選択してインターネットバンキングにログイン

決済口座を指定して支払実行

手続き完了

手続き完了から、通常30分以内でインターネット返済が完了するので、「今日が返済日だった」時でもスピーディに手続きができますよ。

ネットからの振込手数料0円、24時間いつでも返済可能、土日祝日も対応なので、思い立った時に返済できます。

店頭窓口で返済

アコムの店頭窓口で返済するなら、スタッフへ相談もできます。「返済額を減らしたい」「早めに完済したい」など、普段悩んでいることを気軽に聞いてみましょう。

店頭窓口の営業時間は平日9:30~18:00です。返済手数料は無料です。

ATMで返済

ATMで返済する場合、借入と同様アコムATMと提携ATMが使えます。

アコムATMなら24時間・土・日・祝日対応なので、給料が入ってすぐに返済できます。カードを忘れても返済できるので、急にお金が手に入ったときはアコムATMで返済しましょう。

提携ATMでは提携先金融機関によって営業時間が異なります。コンビニATMなら24時間返済できますね。提携ATMではカードが必須です。

提携ATMの取引(借入・返済)金額 利用手数料
10,000円以下 110円
10,001円以上 220円

提携ATMには利用手数料がかかるデメリットがありますが、利便性がよく、コンビニやショッピングセンターなど買い物ついでに返済ができるメリットがあります。

アコムATMを探して来店する手間を考えると、提携ATMでササっと返済するほうが楽な場合も多いですね。

振込で返済

アコム指定の銀行口座へ振り込みで返済もできます。指定口座は会員メニューの「返済時の振込入金口座照会」で確認できます。

アコムの休業日(土・日・祝日、年末年始)に振込した場合、翌営業日に取引が更新されるため、利息は翌営業日分まで必要になります。

事前にアコムへ確認するなどして、利息が払えていない事態を防ぎましょう。また振込手数料も必要なので、振込手数料+取引更新日までの利息が必要ですよ。

口座振替(自動引き落とし)で返済

口座振替で返済する場合、事前に口座振替の登録が必要です。登録が完了すると、毎月6日に返済額が引き落とされます。手数料不要、毎月自動で引き落とされるため、返済忘れの心配がありません。

名義は、ゆうちょ銀行「ACサービス自払」、ゆうちょ銀行以外「SMBC(ACサービス)」なので、通帳を誰かに見られることがあっても、アコムの利用だとは分かりません。

登録から口座振替開始まで、2~3か月かかるため、早めに店頭窓口や郵送で手続きしましょう。口座番号と届出印が必要ですよ。

返済シミュレーションで返済計画を立てる

お金を借りるときには計画的な利用が重要です。計画を立てずにお金を借りると、「いつまでお金を返すのか」「毎月いくら返さないといけないのか」が分かりません。

返済計画を立てるときには「返済シミュレーション」を利用すると便利です。返済シミュレーションでは、毎月の返済額や返済回数が分かりますよ。

返済金額を知りたいときには、「借入希望額」「借入利率」「返済回数」の入力、返済回数を知りたいときには、「借入希望額」「借入利率」「毎月の返済金額」を入力します。

シミュレーション結果はすぐに出るので、積極的に活用して計画的に利用しましょう。

最少返済額は「借入残高×一定の割合」

アコムの最少返済額は「最後に借り入れしたときの借入残高」×「一定の割合」で計算します。

「一定の割合」は契約極度額によって決まります。例えば、契約極度額が30万円以下では、一定の割合は「借入残高の4.2%以上」となります。

借入残高が3万円であれば、3万円×4.2%=1,260円となり、千円未満は切り上げて千円単位なので、最少返済額は2,000円です。

返済期日は「35日ごと」か「毎月指定期日」

アコムでは、返済期日が「35日ごと」と「毎月指定期日」の2通りあります。

「35日ごと」の返済では、返済した翌日から35日後が次の返済期日です。「毎月〇日」ではないので覚えにくいが、35日を待たずに返済もできるのでドンドン返済していくことができます。

「毎月指定期日」の返済では、指定した日が返済期日です。「毎月〇日」が返済日なので覚えやすいが、返済期日より15日以上前に入金すると前月の追加入金扱いになるので、早めの返済に気を付ける必要があります。

返済期日はあとから変更できます。店頭窓口、自動契約機(むじんくん)、電話のいずれかの方法で連絡し、手続き当日までの利息を精算しましょう。

返済日を過ぎたら遅延損害金が発生

万一、返済日までに支払いが出来なければ遅延損害金が発生します。遅延損害金は返済が遅れたことに対する損害賠償です。

どのくらいの損害賠償を支払うのかと言えば、商品概要で紹介した通り年20.0%で計算しますよ。

例えば、借入金額3万円で返済に10日遅れた場合、借入金額(3万円)×遅延損害金(年20.0%)÷365日×遅延期間(10日)=164円が遅延損害金です。

遅延損害金は通常の利息よりも高くなるので、少しでも無駄な出費を減らしたいと思ったら、返済期日を守って返済を続けましょう。

eメールサービスで返済日忘れを防ぐ

アコムの会員サービスに「eメールサービス」があります。eメールサービスでは、返済期日の3日前と当日にお知らせが届きます。

「メールが届いたら返済する」という習慣をつけておくと、うっかり返済日を忘れずに済みますね。

eメールサービスでは、返済期日経過後もお知らせが届くので、返済期日前のメールで返済し忘れていた場合でも、すぐに対処できますね。

eメールサービスに申し込むには、会員ログインし「eメールサービスのご登録」で規約に同意し、メールアドレスを登録しましょう。

アコムの増額審査に通るには?増額審査に落ちる理由

アコム会員サービスでは、eメールサービスの登録以外にも契約極度額の増額申し込みに対応しています。

会員ログイン

「極度額等の変更お申し込み」をクリック

申し込み完了

会員ページからの申し込み以外にも、電話、自動契約機(むじんくん)、店頭窓口でも増額の受付をしています。

申込先 受付時間 特記
会員ページ 24時間可能 21:50~8:00の申込みは9時以降に回答
電話 平日9:00~18:00 担当者が増額可能かすぐにチェック
自動契約機 9:00~21:00 運転免許証などの本人確認書類を持参
店頭窓口 9:30~18:00 運転免許証などの本人確認書類を持参

自動契約機(むじんくん)の営業時間は、一部の店舗で異なるため事前に営業時間をチェックしましょう。

電話での申し込みは、アコム総合カードローンデスクです。

増額審査の回答も、会員ページ以外は受付時間内であれば即日なので、すぐに結果が分かってスッキリしますね。

増額できない理由

増額は希望すれば誰でもOKではなく、審査結果によっては希望に添えないこともあります。よくある原因には以下がありますよ。

  • アコムの利用期間が短い
  • アコムで延滞・滞納の経験がある
  • 収入が下がった
  • 申込情報が正確でない

増額審査は契約極度額をアップする審査なので、アコムと信用が築けていなければ審査に通りません。

信用が築けるほど利用期間が無ければ、信用できる人かの判断ができません。最低でも半年以上経過してから申し込みましょう。

これまでに延滞・滞納といった返済能力に不安になることを行っていると信用関係は築けません。

また申し込み時よりも収入が下がっていると、申し込み時以上の契約極度額にするのは難しくなりますよ。

アコムのアプリの便利機能!支払い日を通知してくれる

アコムで増額しようと思ったら、延滞・滞納があるとマイナス評価になることが分かりましたね。

延滞・滞納を防ぐために、既に会員サービスの「eメールサービス」を紹介しましたが、その他にもアコムのアプリで支払い日を通知してもらう方法があります。

最近では「メールはあまり見ないから、プッシュ通知の方が助かる」方も多いですよね。eメールサービスと同じように返済日の3日前と当日にプッシュ通知でお知らせがありますよ。

その他にもアプリでは、生体認証でログイン、利用状況を一目で確認できる、カード不要でセブン銀行で返済可能、24時間最短1分で振込手続き可能といった特徴があります。

セブン銀行ATMでアプリを使うとなると、他社消費者金融では借入れ・返済が可能なところが多いですが、アコムでは返済のみです。アプリで借り入れをしたい時には、振込で利用しましょう。

アコムでおまとめ!借換え専用ローンで返済を応援

アコムでは、ついつい借り過ぎてしまう方や複数のローンを利用している方を対象に、返済専用の「借換え専用ローン」があります。

返済専用なので新たな借入れはできず、複数のローンをアコムだけにまとめることで管理がしやすくなります。

具体的には借入をまとめることで借入総額がハッキリします。そして返済日が月に1回になることで、毎月の返済額も判明し家計管理がしやすいですね。

借換え専用ローンの申し込み先はフリーコールです。連絡すると担当者から必要書類や事前の手続きの説明があるので、安心して利用できますよ。

アコムの解約方法

アコムの返済を順調に行い、完済が近づいてきたなら、その後についても検討していきましょう。

先ほど紹介した「増額」を行い、契約極度額をアップして金利を下げて次に備えておくという方法もありますし、思い切って「解約」する方法もあります。

「解約」の場合、電話(アコム総合カードローンデスク)・自動契約機(むじんくん)・店頭窓口で手続きができます。

無利息残高があるなら先に支払いが必要

ATMで返済したことがあるならご存じの通り、ATMは千円単位での取引となるため、千円未満の端数が残ります。この千円未満の端数を「無利息残高」と言います。

無利息残高は、言葉の通り利息が付きません。そのため、放っておいても借入残高は増えることなく、そのまま残ります。

ですが、解約するなら残高は0円でなければならないため、無利息残高の支払いが必要です。その場合、インターネット返済や店頭窓口、銀行振込で支払いましょう。

無利息残高の返済の仕方も、通常の返済方法と同じで、インターネット返済であれば会員ログイン後、「インターネットでのご返済」から手続きします。

振込であれば会員ログイン後、「返済時の振込入金口座照会」で振込先を確認しましょう。

アコムは残高証明書や解約証明書の発行可能

アコムは残高証明書や解約証明書を請求すると発行してもらえます。アコムと契約中なら残高証明書、解約済みなら解約証明書ですね。

請求するには「請求書」の作成が必要ですが、アコムのホームページ掲載の書式をプリントして使用するのも可能です。

アコムのホームページ上部のサイトマップ右下「お客さまの個人情報の取扱いについて」にある「個人情報保護方針」をクリックします。

ページの一番下「関連情報」にある「個人情報の取扱いについて」→「個人情報の開示等の手続きについて」をクリックすると「証明書発行依頼書」のPDFがあります。

分からなければ、アコムのお客さま相談センターやカード裏面の問い合わせ先、アコムの有人店舗で請求書の受付をしています。

アコムのお客さま相談センターで各請求書の用紙を依頼

用紙に記入(契約者名・生年月日・住所・電話番号・会員番号)

用紙を店頭窓口に持参/郵送

用紙を店頭窓口に持参するなら本人確認書類の原本を提示し、郵送するなら本人確認書類の写しを添付しましょう。

FAXや電子メールでの提出は受け付けていませんので、手続きは持参もしくは郵送ですよ。

回答書を郵送で通知する場合は自宅または勤務先のどちらか希望する方を選べます。

アコムでのお金の借り方は簡単!わかりやすくて便利

ここまでアコムについて見てきましたが、いかがでしたか。お金を借りるには多数の借入先があります。重視するのは申し込みやすさ、審査時間、金利、借入・返済方法など、人それぞれですよね。

アコムならパソコン・スマホから申し込み・借入れ・返済ができ、延滞・滞納を防ぐメールやアプリでのプッシュ通知があります。

審査で気になる在籍確認も担当者の個人名で行うため、周囲にバレる心配がありません。

安心してお金を借りるにはアコムがおすすめですよ。

※記載の情報は2021年3月現在のものです。

関連記事

閉じる バレずに借りられる