【2022】自動車保険の苦情件数ワーストランキング!失敗しない自動車保険の選び方も徹底解説!

自動車保険は複数を比較して自分に合った保険を見つけよう


自動車保険には、保険内容や保険料が異なるさまざまな種類があります。自動車保険は、自動車を運転する方に必須の保険ですが、種類の多さからどれを選べばよいか迷う方は多いでしょう。自動車保険は、自動車を運転し続ける限り必要となる保険なので、自分に合った保険を選ぶことが大切です。

これまで自動車保険に加入したことがない方にとっては、どの自動車保険も魅力的に映るかもしれません。しかし、自動車保険は、複数の保険を比較することで違いを把握でき、自分にとって必要性の高い保険がわかるはずです。一つの自動車保険に決め打ちするのではなく、複数の保険を比較しながら自分に合った保険を選びましょう。

※価格・料金はすべて2021年12月時点のものです。

そもそも自動車保険とは?

自分に合った自動車保険を選ぶにあたり、まずは、自動車保険そのものについての理解を深めておくことが大切です。そもそも自動車保険とは、どのような役割を果たすものなのでしょうか?自動車保険とは、自動車を運転する中で生まれた損害を、保険金によって補償するための保険です。

たとえば、自動車を運転していて事故を起こし、他社の自動車を傷つけてしまったとします。この場合、損害の程度によって多額の損害賠償を求められますが、すぐにはまとまった金額を用意できないかもしれません。

しかし、自動車保険に加入していれば、保険会社が保険金から損害賠償額を補償してくれます。自動車保険は、もしものときの備えとして加入しておくべき保険なのです。

自動車保険とは「自賠責保険」・「任意保険」の2種類にわかれる

自動車保険には、運転者すべてに加入が義務付けられている「自賠責保険」と、運転者が任意で加入する「任意保険」の2種類があります。つまり、自賠責保険の加入のみでも、自動車を運転することは可能です。

しかし、万が一交通事故を起こしてしまった場合、損害賠償額が数億円ともなる可能性があります。損害賠償の額によっては、自賠責保険だけでは補償できないかもしれません。

自賠責保険では補償できなかった額を、埋め合わせる役割をはたすのが任意保険です。任意保険への加入は義務ではありませんが、加入しておくことで得られるメリットは大きいでしょう。「自賠責保険だけ加入しておけばよい」とお考えの方でも、任意保険について理解しておくことをおすすめします。

自動車保険の主な種類とその補償内容

ここでは「自賠責保険」と「任意保険」の2種類について、それぞれの補償内容を紹介します。実は、自動車保険には、自賠責保険と任意保険以外にも車両保険や人身障害補償など種類がありますが、代表的な保険としてこの2種類を押さえておけば問題ないでしょう。下記の表は、自賠責保険と任意保険について、それぞれの補償内容を示しています。

保険の種類相手自身
保険内容怪我・死亡車・物怪我・死亡車・物
自賠責保険×××
任意保険


自動車の運転者すべてに加入が義務付けられている自賠責保険で補償されるのは、相手の怪我や死亡に関する損害賠償のみです。相手の車や物の傷害、自身の怪我や死亡、自身の車や物の傷害に対する補償はありません。

自賠責保険にしか加入していない場合、相手の怪我や死亡以外にかかる損害賠償は、自分自身でまかなわなければならないのです。これでは、自動車事故に対する十分な備えができているとは言い難いでしょう。

そのため、自賠責保険と合わせて任意保険にも加入するのがおすすめです。任意保険なら、自賠責保険ではカバーできない相手の車や物の傷害、自身の怪我や死亡、自身の車や物の傷害に対する補償も含んでいます。任意保険に加入することで、万が一に対する備えが充実しているという安心感を得られるでしょう。

自動車保険苦情件数ワーストランキングTOP3


自動車保険は、もしものときに加入者の役に立ってくれる保険です。そのため、自動車保険を扱う保険会社には、加入者の感謝の声が届いているように感じる方は多いでしょう。

しかし、実際には、保険会社には加入者からの苦情が多く寄せられています。自動車保険の内容そのものはよくても、保険会社の対応などに関して、日々苦情が寄せられているのです。

ここでは、自動車保険苦情件数が多い保険会社をランキング形式で3社紹介します。もしかすると、よく名前を見聞きする保険会社がランクインしているかもしれません。寄せられている主な苦情についても紹介するので、自動車保険苦情件数ワーストランキングを見ながら、保険会社を比較検討してみましょう。

ランキングは日本損害保険協会に寄せられた苦情件数を元に算出

自動車保険苦情件数ワーストランキングにおいて、どこに寄せられた苦情件数を元に順位を決定したのか気になる方は多そうです。今回のランキングは、日本損害保険協会に寄せられた苦情件数を元に算出しました。

自動車保険に関する苦情は、自動車保険を扱っている保険会社だけに寄せられるわけではありません。もちろん、保険会社に直接苦情が寄せられることもありますが、日本損害保険協会に苦情が寄せられるケースも多いのです。

日本損害保険協会とは?

そもそも、日本損害保険協会とはどのような機関なのでしょうか?日本損害保険協会の取り組みについても、この機会に知っておきましょう。

1917年の創立以降、損害保険業の健全な発展及び信頼性の向上を図り、安心かつ安全な社会の形成に寄与することを目的に活動しています。
引用:日本損害保険協会公式サイト


日本損害保険協会は、創立から100年以上もの歴史を誇る協会です。2012年4月からは、一般社団法人として運営されており、主な活動としては、次のような取り組みが挙げられます。

  • 損害保険の普及啓発活動
  • 事故・災害・犯罪の防止・軽減 の取組み
  • 相談対応、苦情・紛争の解決
  • 業務品質の向上に関する取組み

上記からもわかるように、日本損害保険協会は、消費者からの相談や苦情の解決にも寄与しているのです。損害保険に関するさまざまな知見を有している機関だからこそ、苦情に対して丁寧に向き合っているのかもしれません。

1位:東京海上日動火災

2021年7月〜9月の間に、損害保険協会に寄せられた、東京海上日動火災に関する苦情は、9,892件でした。単純計算では1ヶ月に3,000件以上もの苦情が寄せられているということです。このうち、保険金に関する苦情が44.2%で、保険金に関する苦情が目立っているといえます。

保険金に関する苦情の詳細は明かされていませんが、保険金をめぐっては、加入者ごとに状況が異なるため、一概に「保険金が不適切だ」とは言えません。また、苦情内容のうち、契約の募集や管理について寄せられたものが50%を超えている点も、注意しておきたいポイントです。

2位:損害保険ジャパン日本興亜

2021年7月〜9月の間に、損害保険協会に寄せられた、損害保険ジャパン日本興亜に関する苦情は、8,088件でした。このうち、保険金に関する苦情が43.1%で、主に保険金に関する苦情が多く寄せられているといえます。

保険金に関する苦情の詳細は明かされていませんが、保険金をめぐっては、加入者ごとに状況が異なるため、一概に「保険金が不適切だ」とはいえません。また、苦情内容のうち、契約の募集や管理について寄せられたものは約50%なので、契約をめぐっても多くの苦情が寄せられていることを知っておきましょう。

3位:あいおいニッセイ同和損保

2021年7月〜9月の間に、損害保険協会に寄せられた、あいおいニッセイ同和損保に関する苦情は、6,805件でした。東京海上日動火災や損害保険ジャパン日本興亜の件数に比べると少なく感じるかもしれません。しかし、単純計算では1ヶ月に約2,000 件を超えるの苦情が寄せられているということです。このうち、保険金に関する苦情が56.7%と半数以上を占めています。

保険金に関する苦情の詳細は明かされていませんが、苦情内容は加入者によってケースバイケースでしょう。苦情内容のうち、契約について寄せられたものは40%程度になので、保険金に関することよりもそれほど心配する必要はなさそうです。

「苦情件数が多いからおすすめできない自動車保険会社」というわけではない

自動車保険苦情件数ワーストランキングの上位3社が「テレビや雑誌などで名前を見聞きした保険会社ばかりだ」と感じた方は多そうです。いずれも有名な保険会社なのに、苦情件数が非常に多いことに違和感を覚える方もいらっしゃるでしょう。

また、3ヶ月間で数千件もの苦情が寄せられていたことに対しても、驚いた方は多いのではないでしょうか。

自動車保険苦情件数ワーストランキングをチェックする上で大切なのは、苦情件数だけで自動車保険会社の良し悪しを判断すべきでない、ということです。苦情件数が多いからといって、自動車保険への加入を検討している方におすすめできない保険会社というわけではありません。

なぜなら、苦情件数が多いということは、それだけ該当の自動車保険会社の加入者が多いことを表しているからです。多くの苦情が寄せられているとはいえ、自動車保険会社の対応のすべてが悪いわけではありません。

そして、すべての方にとって完璧なサービスはないからこそ、場合によっては加入者のニーズを満たせず、苦情に繋がってしまうことが考えられます。苦情件数が多くても、保険商品の内容が魅力的だったり、良心的な価格で提供していたりする自動車保険会社は多いです。
苦情件数だけを比較するのではなく、各社の自動車保険について理解を深めて比較することを心がけましょう。

失敗しない自動車保険の選び方


初めて自動車保険に加入する方ほど、自分に合った自動車保険を見極めるため、積極的に情報収集することが大切です。自分に合った自動車保険を見つけるには、複数の保険を比較しましょう。

それとともに、自動車保険の選び方も重視したいポイントです。自動車保険について、認識が曖昧なまま選んでしまうと、必要な補償内容がついていなかったり、余計なオプションを付けてしまったりする可能性があります。

自動車保険を複数比較することと同様に、失敗しない自動車保険の選び方を知っておくことも、とても大事なポイントです。ここでは、失敗しない自動車保険の選び方について紹介します。

代理店型かダイレクト型かで選ぶ

自動車保険を選ぶ際に重視すべきポイントは、各種保険への加入ルートです。主な加入ルートとしては、代理店型とダイレクト型があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、両者を理解した上で、ご自身にとって最適な加入ルートをお選びください。

代理店型

代理店型は、加入者が、保険会社との間に位置する代理店を通して自動車保険の申し込みを行ったり、連絡を取ったりするタイプです。メリットは、代理店の担当者が、自分にとっての連絡窓口になるため、疑問や不安を連絡する相手が決まっていることです。

とくに、自動車保険には細かい特約が記されていることが多いので、それらを理解している担当者がいることは、加入中の安心材料となります。

一方、デメリットとしては、ダイレクト型に比べると保険料が高額になる傾向があることです。代理店への仲介料が保険料に上乗せされるため、できるだけ保険料を安く抑えたい方には不向きかもしれません。

ダイレクト型

ダイレクト型は、加入者が、直接保険会社に申し込みを行ったり、有事の際に連絡を取ったりするタイプです。メリットは、代理店型ではかかる仲介料が不要なため、保険料が比較的安くなることです。

一方、デメリットとしては、代理店型のように自分の専用窓口となってくれる担当者がいないことが挙げられます。毎回違う担当者が対応する可能性があるので、1人の担当者から手厚いサポートを受けたい方には不向きかもしれません。

代理店型でもダイレクト型でも、自動車保険の加入や利用は問題なく行えます。大切なのは、ご自身がどちらの方が安心して加入していられるかを考えることです。他のポイントと合わせて納得のいく方を選べばよいでしょう。

ロードサービスの充実具合

ロードサービスとは、事故以外に起こった車のトラブルに対応してくれるサービスのことです。自動車保険会社なら、ほとんどの場合ロードサービスメニューを取り扱っています。タイヤのパンクやバッテリーの不具合など、ロードサービスの主な内容にも、それほど大きな違いはありません。

では、自動車保険会社は、ロードサービスにおいてどのような点で他社との差別化を図っているのでしょうか?どの自動車保険会社に加入するかを決める際には、差別化のポイントに注目するとよいでしょう。いくつかの例を紹介するので、チェックポイントとして覚えておいてください。

  • レッカーサービスの適用範囲
  • 給油代金の負担
  • 現場からの帰宅費用または宿泊費用の負担

補償内容の選択の自由度

自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」「任意保険」の2種類がありますが、それぞれの補償内容もまた、いくつかに分類されています。分類されている補償内容を加入者のニーズに合わせて組み合わせ、オリジナルのプランを作れる保険会社は多いです。

自動車保険を選ぶときは、ご自身にとって必要な補償内容を洗い出すことから始めましょう。たとえば、医療保険や生命保険に入っている場合、ご自身や同乗者が怪我をしたときに保険会社から補償がもらえます。医療保険や生命保険によって、すでに備えができているなら、自動車保険に「人身障害補償」が含まれなくても問題ないでしょう。

補償内容の選択の自由度が低いと、ご自身にとって必要な補償内容が含まれなかったり、必要ない補償内容が含まれていたりして、無駄な保険料を支払う可能性があります。補償内容の選択の自由度が高い保険会社を選ぶほうが、無駄なコストを減らせるのでおすすめです。

事故対応(示談交渉・現場へのかけつけなど)の質

自動車を運転しているとき、万が一事故を起こしてしまったら、保険会社に事故対応の協力をあおぎましょう。事故を起こしてしまったショックとパニックで、自分ではなかなか迅速かつ正確な対応が難しいかもしれません。

万が一に備えて、事故現場での対応と事故後の対応を、安心して任せられる保険会社を選んでください。

まずは、保険会社によって示談交渉が可能かを確認しましょう。示談交渉とは、事故の状況を鑑みて、損害賠償の額や負担割合を決めることです。示談交渉には、法律に関する知識が必要なので、一般人ではなかなかスムーズに進められません。

保険会社には、示談交渉のプロが在籍しています。担当者に示談交渉を任せれば、加入者は交渉の進捗報告を受けるだけでよいのです。事故後に冷静な対応をするのは難しいうえ、プロに任せることでいち早く日常生活を取り戻せます。

示談交渉以外に確認したいのは、現場へのかけつけサービスについてです。事故現場でご自身が冷静な判断を下し、関係各所へ連絡をするのは簡単ではありません。現場へのかけつけサービスを利用すれば、代わりに保険会社の担当者が現場対応を行ってくれます。気が動転していても、安心して任せられる人がいるのは心強いことでしょう。

他の利用者の口コミ・評判だけで判断しない

自動車保険は奥が深いため、自分自身で補償内容の一つひとつを確認して比較するのは非常に困難です。そのため、他の利用者の口コミや評判で、保険会社を選びたくなることがあるでしょう。

確かに、口コミや評判は、実際に該当の保険会社を利用したユーザーの生の声なので、自動車保険選びの参考になるはずです。しかし、同じ保険会社を利用しても、加入する保険の種類が違ったり、担当者が違ったりすることもあります。

そのため、口コミや評判の内容は、ポジティブな意見もネガティブな意見も、参考にしすぎないことが大切です。自分自身で気になることがあれば問い合わせるなどして、納得のいく自動車保険選びをしましょう。

おすすめの自動車保険


ここまでは、失敗しない自動車保険の選び方を紹介しました。では、どのような自動車保険がおすすめといえるのでしょうか?

ここでは、おすすめの自動車保険の特徴について紹介します。 ここで紹介するものがすべてではありませんが、とくにチェックしておきたいポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

自分に合った自動車保険を作れる「補償内容の自由度の高い」保険

自動車保険の補償内容を加入者のニーズに合わせて組み合わせ、オリジナルのプランを作れる保険会社を選ぶのがおすすめです。

たとえば、自動車の走行距離に伴って保険料が上乗せされる仕組みや、ベースとなる補償内容が少なく、各種補償内容をオプションとして付帯できる保険会社があります。

このように、補償内容の自由度が高い保険だと、よりご自身に合った保険に加入できるでしょう。選べる補償内容は、自動車の種類や走行距離、加入者の年齢、男性か女性かによっても異なります。これらを総合的に判断して、補償内容の質と保険料のバランスが取れた保険を選ぶことが大切です。

まずは、ご自身にとって必要な補償内容や予算を検討することから始めてください。自分なりの選択基準が決まれば、よりスムーズに加入する自動車保険を選べるでしょう。

安さを求めるなら代理店型ではなくダイレクト型

自動車保険への主な加入ルートとしては、代理店型とダイレクト型があります。以前は、代理店型が主流で、代理店の担当者と対面で申し込み手続きなどを行うことが一般的でした。担当者と直接顔を合わせる機会があるので、ダイレクト型に比べると安心感が強いタイプといえるでしょう。

しかし、代理店型は、代理店が加入者と保険会社を仲介する立場となり、保険料に含まれる手数料でビジネスが成り立っています。そのため、加入者が支払う保険料が高くなりがちです。できるだけ保険料を安くおさえたい方にとっては、不向きなタイプといえます。

最近は、インターネットの普及などにより、自分で保険商品について調べ、ネット上で申し込み手続きをするダイレクト型で加入する方が増えました。代理店の窓口に行かなくても、インターネット環境とパソコンやスマホがあれば、いつどこからでも手続きができて大変便利です。

さらに、加入者と保険会社が直接やりとりをするため、代理店に支払う手数料が必要ありません。よって、代理店型よりもダイレクト型の保険料は、相対的に安くなる傾向があります。

ダイレクト型には、代理店型にように担当者がいなかったり、対面での相談ができなかったりというデメリットもありますが、より保険料を安くするならば、ダイレクト型がおすすめです。

自動車保険の一括見積もりができるおすすめのサイト

複数の自動車保険の補償内容を比較し、本格的に加入を検討したい保険会社を選んだら、自動車保険の見積もりを手に入れましょう。見積もりを取ることで、補償内容が大きく違わなければ、より安い保険料の保険会社を選ぶことができます。

保険会社からご自身で見積もりを取り寄せるのもよいですが、複数社と同時にやりとりをするのは時間や手間がかかります。できるだけ効率よく、複数社の見積もりを手に入れたい方におすすめなのが、自動車保険の一括見積もりができるサイトを利用することです。

一括見積もりができるサイトにアクセスし、自動車の種類や運転者の情報、必要な補償内容などを入力すれば、保険会社ごとの見積もりが確認できます。仕事や家事、育児の合間にサイトにアクセスするだけで、複数社の見積もりが手に入るので、ご自身で見積もり依頼をするよりも効率的でしょう。

迷った際には自動車保険のプロに相談しよう!


自動車保険の一括見積もりができるサイトがあるとはいえ、見積もりを依頼するにあたり、自動車保険に関する疑問や不安を解消したい方もいらっしゃるでしょう。とくに、初めて自動車保険に加入する方は、ご自身にとってどのような補償内容が必要なのか、なかなか判断できないかもしれません。

自動車保険についての疑問や不安は、自動車保険のプロに相談するのがおすすめです。自動車保険のプロに気軽に相談できる場所は、一般的に「保険相談窓口」と呼ばれています。

保険相談窓口に行き、自動車保険のプロに迷っていることを相談すれば、的確なアドバイスが受けられるはずです。自動車保険のプロの多くは、ファイナンシャル・プランナーの資格を有しており、相談者の状況を親身になって聞いてくれます。

保険相談窓口の魅力は、なんといっても無料で利用できることです。どの自動車保険に加入するかはもちろん、すでに加入している保険の内容を見直したいときにも活用できます。無料でありながら質の高いサービスを受けられるので、積極的に活用してください。

おすすめの保険相談窓口3選

さまざまな自動車保険会社があるように、保険相談窓口も複数社が運営しています。これまで保険相談窓口を利用したことがない方は、どこへ相談に行けばよいかから検討しなければなりません。利用する保険相談窓口選びに時間をかけるのは、肝心の自動車保険選びの時間を割いてしまうのでもったいないことです。

ここでは、おすすめの保険相談窓口3選を紹介します。それぞれの特徴について解説しているので、気になる保険相談窓口に訪れてみましょう。また、紹介する保険相談窓口への相談は、いずれも無料なので、ご自身に合う保険相談窓口が見つかるまで試してみるのもおすすめです。

マネードクター

マネードクターは、全国に幅広く展開している保険相談窓口です。約1,700人のファイナンシャル・プランナーが、全国各地の相談者からの相談に乗ってくれます。ご希望の場所まで出張訪問しれくれたり、オンラインでの相談も受け付けたりしているので、忙しい方でも気軽に相談できるでしょう。

マネードクターなら、自動車保険の相談はもちろん、お金に関することなら幅広く相談できます。1回あたりの相談時間は1時間30分程度なので、あらゆる相談ができるはずです。延長料金も一切かからないので、お金に関する疑問や不安を徹底的に解消できます。

保険無料相談.com

保険無料相談.comでは「ライフコンサルタント」と呼ばれるスタッフが、相談者の保険に関する疑問や不安を解決してくれます。無料相談の予約はネット上で気軽に行えるうえ、オンライン相談も可能なので、ご都合のよい日時にお好きな場所から相談することが可能です。

無料相談の1回あたりの所要時間は1〜2時間ですが、1回だけでは自動車保険の加入にあたっての疑問や不安を解決できないかもしれません。保険無料相談.comは何回でも無料相談が可能です。納得がいくまで何回でも相談できるので、ライフコンサルタントが心強い味方となります。

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶは、300名以上のファイナンシャル・プランナーが在籍している保険相談窓口です。在籍しているファイナンシャル・プランナーは、お金に関する幅広い知識はもちろん、それぞれが専門分野を持っています。

自動車保険に詳しいファイナンシャル・プランナーが、自動車保険を選ぶにあたって手厚いサポートをしてくれるでしょう。

対面相談やオンライン相談を希望する場合は、ネット上から簡単に相談予約ができます。また、すぐにでも相談したいときには、電話での相談も可能です。電話相談は、24時間365日受け付けているので、必要に応じて各種相談方法を使い分けるとよいでしょう。

まとめ

この記事では、自動車保険の苦情件数ワーストランキングと、失敗しない自動車保険の選び方、おすすめの保険相談窓口について解説しました。自動車保険は、自動車に乗り続ける限り加入しておかなければならないものなので、この機会によく理解しておきましょう。

また、自分に合った保険を選んだり、ライフステージやライフコースに合わせて保険を見直したりすることも大切です。自動車保険は奥が深いものなので、自分1人で悩まずに、保険相談窓口などを利用しながら最適な選択を続けてください。




<参考サイト>

よかったらシェアしてね!

PAGE TOP