ニーズの高まりとともに、配送ニーズの高まりで注目が集まる物流業界。その中でも軽貨物運送の業務内容や仕事の魅力について紹介します。

初期投資が少なく、誰でも始めやすい仕事!

普通免許を持っていて、自動車の運転さえできれば誰でも開業できるのが、軽貨物運送の仕事のいいところ。車も軽自動車が一台用意できれば、すぐに事業を始めることができます。店舗も不要ですし、FCで始める場合は本部によっては車両を用意してくれるところもあるので、初期投資が少なくてすみます。

軽貨物運送業界の成長性は?

ネット通販の普及などにより、配送物の全体量が増えています。また、配送業務をアウトソーシングする企業が多くなっていることなどから、プロによる配送ニーズそのものが高まっています。しかも業界は人手不足。未経験でもすぐに活躍できるチャンスが多いのです。世の中がどれだけ便利になっても、物を運ぶニーズがなくなることはありませんので、成長性があるうえ、長く続けやすい仕事ともいえます。

どんな仕事?

「依頼された荷物を指定の場所まで届ける」というのが基本です。ほとんどの場合、依頼先で集荷作業を行うところから仕事がスタート。「配達先がどこか」がこの仕事の大きなポイントで、大きく分けて「一般家庭向け配達」と「企業向け配達」に分けられます。

<一般家庭向けの場合>
皆さんの家に届く「宅配便」をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。まとめて集荷した荷物を、各家庭一件ずつを回って届けます。また、引っ越し案件を請け負った場合は、荷物を新居まで運ぶ仕事もあります。

<企業向けの場合>
製造者からの依頼で商品や部品などをお店や工場などに納品する仕事が一般的です。食品や医薬品、本や新聞など、あらゆるものを運びます。仕事の種類としては、毎日配達する「専属定期便」と、単発で請け負う「スポット」に分かれます。

活躍しているのはどんな人?

車の運転さえできれば、特別な知識や経験が必要ないことから、未経験からスタートしてしっかり稼いでいる人がとても多いです。「荷物を運ぶ=力が必要」というイメージがあるかもしれませんが、運ぶのは必ずしも重いものとは限らないため、女性や年配者も活躍しています。また、夫婦や親子など家族で開業して、業務を分担するなど協力し合って働くケースも多いです。

どういう人に向く仕事?

集荷時や、配達時はお客様と接しますが、運転中は一人きり。自分のペースで淡々と働きたい人にはぴったりの仕事です。また、車でいろいろな場所に配達に行くので、旅行好きな人にもオススメです。いろいろな配達ルートを経験することで仕事の幅を広げていくことができるため、目的意識を持って努力したり、仕事を通じて成長実感を得たい人にも合うはずです。もちろん車の運転が好きな人なら、楽しみながら働くことができますね!

まとめ

働き方を選べる仕事だからこそ、どんなふうに働きたいのかをしっかり考えたうえで本部を決めることが重要です。自分に合うかどうかを見極めるためにも、自分の目で見て聞ける説明会に参加して情報収集し、いろいろな本部を比較検討してみてくださいね!

軽貨物運送業界のプラン<PR>