sigotoshoukai_bodytop.htm
common_top.htm
sigotoshoukai_top.htm

ウエルラボ/株式会社リードパブリッシングの仕事の進め方商材&事業支援

sigotoshoukai_main_top.htm

ウエルラボ/株式会社リードパブリッシングの仕事の進め方

障害者グループホームは全国的に不足しています。やりがいもチャンスも多い仕事です。

障害のある方が、サポートを受けながら生活する福祉施設「グループホーム」の運営。
精神障害・発達障害等を持つ、軽度の障害がある方が、支援を受けながら生活していく家です。
今、「障害者総合支援法」のもとで、障害がある方を求める就労先はたくさんあり、それぞれの障害に応じて、働ける場は数多く用意されています。一方で、「生活する場」は不足しています。
一軒家やマンションなど規定を満たした建物で、障害者の方が4名以上一緒に暮らしていく「グループホーム」。障害があっても、掃除や洗濯も教えていけばできるようになります。一緒に生活しながら、就労可能ならば支援も行い、施設を管理していくビジネスです。

この仕事で活かせる経験・スキル

グループホームの管理者なら、特別な資格は必要ありません。現に、多くの福祉業界未経験者が活躍しています。
グループホーム開業には「サービス管理責任者」の配置が求められますが、都道府県により常駐である必要がないケースもあります。本部の幅広いネットワークから、有資格者が非常勤で派遣されますし、専門的な相談をすることができます。

仕事のプロセス

施設開設まで、物件の選定から役所への申請までしっかり本部がサポート。
グループホームの物件は、賃貸の一軒家かマンションで、4LDK以上。利用者さん一人一部屋割り当てます。法令で定められた住宅を用意するのですが、物件の選定も本部がサポートします。その後、役所への申請手続きを行いますが、こちらも本部がサポートしてくれます。
グループホームが無事、開業できれば利用希望者は多いので、集客に苦労することはありません。利用者は20代~50代以上と幅広い年代の方となります。
管理者として障害のある利用者を支援し、施設の運営を行います。
実際に食事を作ったり、生活の支援を行うのはアルバイト・パートの世話人さんです。管理者は、施設の運営者として世話人さんたちと連携して、業務を指示したり、役所への申請や、障害のある人と会話をして、「何をやっていきたいか」等を聞き出し、どんな支援をしていくか考えていきます。
そういった管理の手法は、本部の研修で学べます。収入面は国の補助があるので、売り上げ面の悩みはなく、施設の運営に集中できます。
みんなが幸せになる仕事を、長く続けていけます。
自宅で過ごしてきた障害のある方が、グループホームで生活を始めると、今までできなかったことが、できるようになることもあります。
サービス管理者や役所の相談員さんなど、福祉のプロとチームになって、一人ひとりの障害を考えながら支援するので、グループホームに住むメリットはたくさんあります。不安を感じていたご家族も、すごく喜んでくださり、何より障害のある方の表情も明るくなるなど、みんなが幸せになる仕事です。

収益実績

入居者8名・1年目・1ヶ月稼動
売上高 269.2万円
人件費 120万円
交通費 8万円
通信費 2万円
社会保険料 4.5万円
予備費 4万円
管理費 2.5万円
家賃立替 28万円(2棟)/入居者負担
経費合計 169万円

※営業利益100.2万円(別途ロイヤリティ/国保連請求額3%)

sigotoshoukai_main_bottom.htm
sigotoshoukai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
sigotoshoukai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_sigotoshoukai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm