senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社NISのオーナーレポート商材&事業支援

senpai_main_top.htm

株式会社NISのオーナーレポート

CASE 2
日置 裕之 さん 年齢56歳鶏笑 登別店
鶏笑 登別店

開業初日は二時間待ち。店の前の道路で渋滞が起きたほどです。

PROFILE

以前はハウスクリーニングを自営で展開。事業が思わしくなかったことから新規事業を検討。安定集客が見込める飲食事業に絞り、複数の業態を比較。初期投資が一番低かったのが決め手となり、鶏笑を選択する。

独立のキーワード

  • サービスに感動
  • 場所が決め手
  • 多店舗展開

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

カレーや餃子も比較しましたが。

カレーや餃子も比較しましたが。
唐揚げには勝てませんでした。

私にハウスクリーニングは合わなかったのだと思います。
事業を辞める決断をし、次に新規事業として考えたのが飲食ビジネスです。
カレーや中華料理といったFCビジネスを比較検討して、最終的に鶏笑を選びました。

理由は、まず唐揚げが老若男女誰からも愛される食べ物であるということ。
他の食べ物も美味しいとは思いますが、
唐揚げのほうが選ばれると思ったのです。

また鶏笑は小さな店舗で運営できるから
大きな設備投資を必要とせず、ロイヤリティも不要。
イニシャルコストとランニングコストが圧倒的に低かった。
私のような未経験オーナーの多くが黒字経営をされている実績も安心でき、
加盟するなら鶏笑しかないと思えました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

店の前に次々とできる車の列。

店の前に次々とできる車の列。
予想を超えた来客数。

加盟前は北海道の千歳で店をやられているオーナーに話を聞きに行きました。
そこではじめて唐揚げを食べたのですが、
一口食べた瞬間に「ああ、ここしかないな」と思えました。
それだけ美味しかったのです。

物件は本部のアドバイスを受けながら、
交通量の多い道路沿いの店舗に決めました。
近隣に大型のショッピングモールもあり、
そこを訪れるお客様も呼び込めると考えたのです。
オープンに向けた宣伝は折込チラシ1万枚、フリーペーパー広告、
また近くにバスの停留所があるのでバスの車内アナウンス広告も流しました。

そして、いよいよ迎えたオープン当日。
外を見てびっくりしました。
鶏笑に向かう車で道路に渋滞が起こっていたのです。

今だから笑える話

夫婦の人生を激変させた唐揚げ。

ハウスクリーニングの時は二人でいつも浮かない顔をしていましたら、鶏笑をはじめて生活も表情も激変しました(笑)。当初の予想を超えて経営が順調だからです。やはり唐揚げを選んで正解でした。鶏笑の唐揚げを食べるために片道一時間かけて来られる方は普通で、中には旭川から半日かけて来る方もいるほど。早く食べたいとテイクアウト店なのに店内で食べはじめる方もいます(笑)

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

2~3年で初期投資を回収し、

2~3年で初期投資を回収し、
目指すは二号店の開業です。

オープン時から多くのお客様に来店いただきました。
4日目には材料がなくなり、やむなく半日営業にしたほどです。
これだけ集客できた理由は近隣に唐揚げ専門店がなかったことも影響したと思います。
これは地方で開業する有利な点の一つと言えるでしょう。
夫婦二人とアルバイト5名で30日稼働した初月の売上は400万円を記録しました。

現在の月商は180万円~220万円。
最近ではリピーターの方も増え、経営は非常に順調です。
開業にかけた総額費用は500万円程度なので、
おそらくこのペースでいけば2~3年以内に投資回収できるでしょう。
今の目標は、宣伝強化やデリバリーの導入などで売上を伸ばし続け、
早い段階で二号店を出店することです。

私の ON・OFF

仕事の日も休みの日も夫婦一緒。
二人で経営を楽しんでいます。

仕事の日も休みの日も夫婦一緒。

オーナーなので自由に休むことはできますが、しばらくは夫婦で店に出続けようと思っています。身体的には以前に比べればはるかに楽ですね。売上が伸びないというストレスもありません(笑)。だから今は休むより働いているほうが楽しい。時間があれば集客につながるアイディアを常に考えていおり、最近では近隣の市場から新鮮なカットフルーツを仕入れて販売しようと思っています。

契約時の費用・経営情報

【契約時の費用】130万円(内訳/加盟金100万円、研修費30万円)※全て税抜
【店舗所在地】北海道登別市新生町

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm