senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社インターネットインフィニティーのオーナーレポートフランチャイズ

senpai_main_top.htm

株式会社インターネットインフィニティーのオーナーレポート

CASE 3
熊瀬 哲正オーナー レコードブックお花茶屋 他4店舗(株式会社Red Bear)
レコードブックお花茶屋 他4店舗(株式会社Red Bear)

2014年開業、現在東京で1店舗あたりの月商は400万円。目指すは20店舗・年間売上10億円

PROFILE

大学卒業後、大手子供服メーカーに入社し新規事業の立ち上げに関わる。その後、個人事業主を経て、障害者支援に特化したベンチャー企業へ転職。役員を務めるも、「やはり自分で事業を行いたい」と独立。

独立のキーワード

  • 自己実現の欲求
  • 段取り
  • 高齢者を支える

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

独立の「成功勝率」を上げるために

独立の「成功勝率」を上げるために
フランチャイズを選びました。

学生時代から独立意欲が強く、就職では独立制度のある企業を選びました。
その後は個人事業主も経験し、障害者支援のベンチャー企業では、
執行役員まで務めさせていただきました。
そのような経験から分かったのは
「やっぱり全ての責任を負って自分で事業をやりたい」という欲求。
一方で子供もいるので、無謀な起業はできないと迷い考え、
思いついたのがフランチャイズでの独立です。
フランチャイズに関しては知識がまったくなかったので、
まずはフェアに足を運び自分の目で様々なビジネスを見ることにしました。
当初気になっていたのは教育分野のフランチャイズでしたが、
赤い制服でひときわ目立っていたのがレコードブックだったんです。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

マーケットはあり、サービスも魅力的!

マーケットはあり、サービスも魅力的!
最後はパートナーが信頼できるか。

フェアで話しを聞いて「志」をもって事業を行っている本部だと納得しました。
マーケットは伸びている、サービスも差別化されている、
だからこそパートナーが大事でここなら信頼できると思いました。
さらに本部がこれからフランチャイズをはじめる時だったので、
一方的に使命感も感じていました(笑)。
融資には不安がありましたが、
公認会計士資格を持つ本部のスタッフが適切なサポートを行ってくれたことで、
その心配は杞憂に終わりました。
開業後、ケアマネージャーさんとの関係構築をするのに約2ヶ月。
事業として軌道に乗ってきたのは半年後あたりから。
一度利用していただければ結果が出ますから、
口コミでお客様がドンドン増えていきます。

今だから笑える話

最初は会話に困りましたよ…

私自身シニアの方に向けたサービスは初めてだったので、送迎の際に何を話して良いのか最初は戸惑いました。逆にお客様の方から話しかけていただき、植物の話しや相撲の話しなど、知らないことをたくさん教えていただきました。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

シニアの方々の知恵と愛情を社会に還元。

シニアの方々の知恵と愛情を社会に還元。
夢物語でなくここなら出来ると信じています

2014年の開業から1年後には2店舗目、その10ヶ月後には3店舗、
6ヵ月後に4店舗と東京で出店を加速させ現在は5店舗。
やるからには「2020年・20店舗・年間売上10億円」と当初より宣言していて、
現在シミュレーション通りにきています。
この事業をやってみて、改めてシニアの方々の知恵と愛情は凄いと感じています。
それを家で閉じ込めておくのは社会の損失。
レコードブックのリハビリは筋肉をつけるだけでなく、
脳と体を連動させる極めて理に適った方法です。
だから効果が目に見える。
私の大きな目標としてはレコードブックで元気を取り戻し、
シニアの方の知恵と愛情を社会に還元していただく仕組みを作ること。
明るい高齢化社会を目指しています。

私の ON・OFF

頭の中は常に事業のこと。
土日の休みは家族とゆっくり過ごします。

頭の中は常に事業のこと。

現在は1店舗の時とは本部のサポート体制も異なり、より深いパートナーシップのもと、店舗拡大に向かって話し合っています。ですので、頭の中は常に事業のことを考えています。休みは家族と過ごす時間にあてています。スタッフによりよい仕事を続けてもらうという意味でも、土日にしっかり休めるメリハリのついた働き方を提供できるのは大きいですね。

契約時の費用・経営情報

【開業費用】1980万円(税抜) [内訳(税抜)] 加盟金200万円、教育・訓練費80万円、開発企画費50万円、事業所開設支援費50万円、内装費700万円、パワープレートマシーン(3台)250万円、送迎車(2台)500万円、備品什器150万円  ※内装・備品什器費用は条件により変動
【店舗所在地】 東京都葛飾区 ※1店舗5人で運営

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm