senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社個学舎 (市進教育グループ)/個太郎塾のオーナーレポートフランチャイズ

senpai_main_top.htm

株式会社個学舎 (市進教育グループ)/個太郎塾のオーナーレポート

CASE 2
岡田 大二郎 個太郎塾/東陽町教室

開業1年で生徒数が45名に!未経験でも直営教室引継ぎと本部サポートで安心運営。

PROFILE

大学卒業後、専門商社に就職。営業として5年間勤務する中で、多くの経営者と会ううちに独立志向が高まる。そして大学で学んだ教育分野での開業を目指し、2018年4月に個学舎で独立を果たす。

独立のキーワード

  • 組織に属したくない
  • オープンまでの手厚いフォロー
  • 人の成長を感じられる

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

多くの経営者と話すうちに独立志向に。
個学舎は塾の本質を追求できると思った。

前職では営業として経営者の方とお話しする機会も多く、
組織の一部でなく、自分の裁量でやってみたいと思うようになり
独立を決意しました。

教育大学出身なので、元々教育分野には興味あり、
改めて塾業界が面白そうだと思ったんです。
それからネットで調べたり、独立セミナーに参加するなど
検討した結果選んだのが個学舎です。

面談では、担当者の方もまじめで、
塾自体も売上目的でなく、真摯に教育に向き合っている印象を受けました。
生徒とのやり取りなど教育は厳しい面も必要だと思うんです。
楽しく勉強させることだけでなく、生徒の成績を上げることが塾の本質なので
多くのノウハウを持つ個学舎であれば追求できる気がしました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

直営教室を引き継げるだけでなく
万全のサポートで未経験でも安心でした。

個学舎を選んだもう一つの理由は、すでに運営している教室を引き継げたこと。
準備に時間をとられることなく、最初から生徒とふれあえて
教室長としての成長を早く促せると思ったんです。

そして住まいの近くだったことと、下見に訪れたときに公園があり子供も多く、
SVの方の商圏アドバイスもあって東陽町教室に決めました。
さらにSVの方からは融資や内装などのアドバイスもいただき
独立も業界も初めての私にはとても心強かったです。

研修では、受験システムや学校などの業界話が聞けて面白かったです。
また面談ロープレや事務処理など熱心に教えもらえるだけでなく
研修後も1週間ほど教室についてもらえたので本当に安心でしたね。

今だから笑える話

内装についてのSVの一言が
生徒数増加につながった!

引き継いだ当初、SVの方から「いま土足で運営していますが、靴を脱いで入る教室に変えたらどうでしょう?」というアドバイスが。私もそのほうが長くきれいに使えてアットホーム感が出ると思ったので即実行。おかげさまで生徒や保護者の方にも好評で、今の生徒数増加につながったと思っています。ただ土足で教室に入って来たり、スリッパのまま帰ってしまう生徒もいますが(笑)。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

19名だった生徒数が1年で45名に!
数多くの生徒の成長に寄り添える喜び!

生徒も講師もそのまま引継ぎなので、スムーズに運営スタートできました。
ただ当初、生徒数は19名。
まずはポスティングやチラシ配りなどPR活動に力を入れました。
すると多くの問い合わせがきて、それに対し丁寧に対応したり、
生徒や保護者に寄り添いながら、コミュニケーションを大切にしたおかげで
1年で45名まで増やすことができました。

これからの目標としては、まだ具体的にはなっていませんが
市進教育グループのスケールメリットを活かしながら
AIなどを活用した個別指導ができないかと日々考えています。
何か面白いツールがあれば取り入れてきたい。
生徒の成績を伸ばすことを突き詰めながら、
それが複数教室展開につながればいいですね。

私の ON・OFF

時間を自由に使えるからストレスなし!
やっぱり体が資本なので健康第一!

塾は日曜定休ですが、まだ1年半なので日曜に出ることも。でも自分で時間をコントロールできるのでストレスは全くありません。休みは子供と出かけたり、買い物に行ったり、もっぱら家族サービス。あとは個人事業主は体が資本だと思うのでランニングしたり、また昔からやっている柔道の道場に定期的に通ったりしています。そうして汗を流すことが気分転換にもなっていますね。

契約時の費用・経営情報

個太郎塾/東陽町教室
■東京都江東区
■契約時の費用:202万5000円(税抜) 内訳:加盟金150万円、研修費22万5000円(15日間)、広告分担金15万円(年間)、設計管理費15万円
※その他、物件取得費、内装費用、什器備品費用などを合わせて総開業資金700万円程度

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm