senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

SBS即配サポート株式会社のオーナーレポート業務委託

senpai_main_top.htm

SBS即配サポート株式会社のオーナーレポート

CASE 2
郷田 拓美 年齢29歳SBS即配サポート登録ドライバー

加盟金・保証金0円で開業でき、未経験でもOK!働く時間は短いのに給与はUPしました

PROFILE

前職は、羽田空港で特殊車両の運転・管理に従事。収入の割に勤務時間帯が不規則な働き方から逃れるために退職し、知人の紹介によりSBS即配サポートを知り、2018年9月に独立を果たす。

独立のキーワード

  • 低資金開業
  • まずは行動
  • 自分のペースでできる

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

未経験でもAT免許があれば即参入でき、
加盟金0円で開業できると知り即決しました

前職は、羽田空港で特殊車両の運転・管理。
勤務時間帯も休日もシフトできっちりと決められており、
土日に勤務することも度々。
ですから、次に働くのなら土日にしっかりと休めて、
家族と過ごす時間もたっぷりとりたい。
そう思っていました。
運送業に決めたのは元々、運転が好きですし大型の免許も
取得しているので活かせればと考えていました。
たまたま、知人から紹介してもらったのがSBS即配サポートの仕事。
面談で勤務体系なども自由に選べると聞き、即稼働することを決意しました。
あれこれ比べるよりも、人に勧めるくらい働きやすそうですし、
加盟金・保証金0円で開業できますからね。
もう比べるだけ時間の無駄だと思いました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

ドライバーとしてまずルートを覚えること
荷物の重さも道順も1カ月もすれば慣れます

研修で荷物の積み込み方などを丁寧に教えていただいて、
いよいよドライバーデビュー。
はじめはルートを覚えるのに必死でしたね。
私の担当エリアは品川区なのですが、どの道が何時あたりから
渋滞しやすいとか、このお客様は午前中指定とか、とにかく
覚えることが多くて初めの1カ月ほどは少し苦労もしましたけど、
意外と簡単に慣れるものですよ。
配送先は、企業様がメインでたまに個人宅が入るのですが、
それでも不在はほとんどないので、仕事もだんだんと効率よく回れるようになってくる。
本当に経験の有無で尻込みするよりも始めた方が簡単な業界だと思いました。

今だから笑える話

オフィスビルの通路はまるで迷路!
始めた頃は、よく迷いました…

午前中までに配達しなくてはいけないお客様だったのですが、駐車場から上がって通路が迷路みたいなんです。何度も同じ通路を行ったり来たりして…。慣れるまで、これは本当に大変でした。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

朝7時に集配センターに来て15時に上がる
土日も休めて言うことなしですよ!

私がSBS即配サポートに決める際に提示した条件は土日が休めること。
それに合わせてルートを組んでくださって、今では1日平均して100件の
お客様を回っています。
朝7時に集配センターに到着して8時に出発。
その日の混み具合や荷物の量にもよりますが15時には再び集配センターに
戻って帰宅することができる。
家族と夕飯を楽しむこともできますから、本当に憧れていた生活を手にしました。
収入も前職よりUPしましたしね。
煩わしい人間関係もなく自分のペースで仕事ができるからストレスがたまることもない。
オーナードライバーって本当に自由な仕事だと思います。

私の ON・OFF

家族とのんびり過ごす時間が増えて
子供達も喜んでくれています!

3人兄弟なのですが、一番上がまだ幼稚園の年中組で、色々と手がかかる時期なんです。ですから、妻だけでは子育ては大変。そうした意味でも土日休めて、平日も夕方に帰れてしっかりと家族サービスができることが全員に喜ばれています。

契約時の費用・経営情報

【開業資金】0円 内訳★加盟金・保証金0円!
【開業地】東京都品川区

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm