senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社ソーシャルクリエーション/ニコニコキッチンのオーナーレポートフランチャイズ

senpai_main_top.htm

株式会社ソーシャルクリエーション/ニコニコキッチンのオーナーレポート

CASE 1
水江 信夫 年齢50歳ニコニコキッチン城東・鶴見店

開業5年目に全国の店舗で1位の売上を達成!その後も上位にランクインしています。

PROFILE

大手物流会社で長年ドライバーとして活躍。独立の夢を叶えるため退職し、2010年にニコニコキッチンに加盟する。現在は開業エリア内でシェア1位を獲得。開業エリアの拡大と共に、売上も拡大されている。

独立のキーワード

  • 自己実現の欲求
  • まずは行動
  • お客様の笑顔が見れる

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

社会的な課題を本質的に解決する仕事。
必ず軌道にのると確信しました。

大手物流会社でドライバーをしながら、いつかは独立をと考えていました。アントレで独立のヒントを探していたある日、職場の元上司が先輩オーナーとしてアントレに掲載されているのを発見。それがニコニコキッチンとの出会いでした。ニコニコキッチンはお弁当を配達するだけのサービスではありません。お弁当の配達に、安否確認などの付加価値をのせて提供しています。効率ばかりを優先するのではなく、見守りなど利用者さまに寄り添ったサービスを提供することで、社会的な課題を本質的に解決しようとするニコニコキッチンの姿勢に感銘を受けました。元上司にも話を聞きに行き、本部の姿勢が一貫していることを実感。すぐに加盟を決意しました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

エリア内で最多の配食数を誇る店舗に成長。
今も配食数が増え続けています。

開業して3年間は前職の色も抜けず、がむしゃらに走り続けましたが、当初は予想以上に苦戦を強いられました。現在は配食数450食に達していますが、当時は100食あればいいかなと、ゴール設定を引き下げて考えていたことも。爆発的な伸びを期待していたのですが、それが実現しないもどかしさが当時はありましたね。しかし3年ほど経つと、エリア内での業者ランキングが変わってきました。やはり確信をもって選んだニコニコキッチンです。安否確認など、うちが提供するサービスに価値を感じるケアマネジャーがぐっと増え始めました。それに伴い、新規の利用者さまも増え続け、5年目には全国のニコニコキッチンで1位を獲得。本部からも表彰されました。

今だから笑える話

高いもんには、それだけの理由がある。
そんな持論を持つようになりました。

加盟した当時、同業他社と比べてニコニコキッチンは開業資金が高めでしたが、私はむしろ信頼できる会社だと思いました。安かろう悪かろうが私は嫌いです。初期費用が高いということは、それだけ自信があるのだと感じました。当時のこの見込みは当たりでしたね。安いことを売りにするのではなく、高い理由を語れるだけの強みがある商売です。そんなビジネス、そうそうないと思いますよ。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

利用者さまの喜ぶ顔をみたくて、
いまだに配達に行かせてもらってます。

元々私のエリアでは格安弁当が流通していましたが、今はうちのお弁当がメインで流通しています。配達時間を守る。見守りをする。利用者さまが起きる時間、食事する時間を聞いてから配達コースを決める。そうした利用者さまに寄り添ったサービスが、ケアマネジャーや利用者さまから選ばれる理由になっています。もしニコニコキッチンのお弁当が格安だったら、こうした付加価値を提供し続けることは物理的にできなかったと思います。今ではスタッフも増え、私が配達に行く必要はないのですが、利用者さまの喜ぶ顔をみたくて配達に行っています。「ありがとう」と言ってもらうと嬉しくて、こんな感謝される仕事があるのかと今でも日々思いますよ。

私の ON・OFF

お店に手を取られなくなってきたので
ここ最近、犬を飼い始めました。

途中でエリアを買い増しして、今では3エリアで配食サービスを展開しています。休日はよく飲みにいくのですが、地域への還元の意味も込めて、先月売上が高かった方のエリアで飲むことに決めています。今月はどっちで飲もうかなと考えるのも息抜きの1つになってますね。また最近はスタッフが増えて時間が空いてきたので、犬を飼い始めました。毎日犬の散歩に行くのが日課となっています。

契約時の費用・経営情報

●所在地:大阪市城東区
●開業:平成22年7月
●開業資金:1000万円 ※加盟金・初期費用(什器・設備)・工事・物件取得費含む

senpai_middle.htm

※開業費用などはオーナーが開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm