senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社TRAの先輩レポート商材&事業支援

senpai_main_top.htm

株式会社TRAの先輩レポート

CASE 1
櫻井さん 買取専門店 お宝専科

TRAでスキルを身につけ独立!好きなものに囲まれて、1人稼動で2年で年商9000万円に!

PROFILE

元々カメラや時計が好きで趣味の延長のような感じで、リサイクル業界から貴金属の買取を経てTRAに入社。そこでスキルを身につけ、愛知県で独立。自分の好きなものに囲まれながら、2年目で年商9000万円を達成!

独立のキーワード

  • 自己実現の欲求
  • 本部が親身になってくれた
  • 自分のペースでできる

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

TRAのおかげで、知識が身につき
独立への意欲も湧きました。

元々カメラや時計が好きで趣味の延長のような感じで、
リサイクル業界から貴金属の買取を経て、TRAに入社しました。
TRAに転職したのは「幅広い買取の知識を身につけたかった」からです。
この市場は景気に左右されない安定したマーケットなので
好きな仕事と安定した業界でよりスキルアップしていこうと考えていました。
TRAではその思いの通り、それまで扱ってこなかった
カメラ、時計、ブランド品など多くの商品に触れることができ、
真贋などのスキルを学ばせていただきました。
本当にいい人が多く、残業も少ない働きやすい環境に恵まれ
充実して仕事ができていましたが、
一方、自分でやってみたいという気持ちがドンドン芽生えてきました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

全てのノウハウを学んだので、
独立にも不安はありませんでした。

独立の相談を社長にしたところ、
とても前向きに快諾いただき自らお店を持つ決意をしました。
TRAでは店舗も任せていただき、店舗経営から買取のノウハウ、
そして集客の工夫まで実践で学ばせていただいたので、
個人で独立しても特に不安はなかったですね。
開業後もスカイプで相談に乗っていただいたり、
「最近どう」という近況報告もしあったり、
フランチャイズとはまた違う独立の形態ですが、
とても良い関係を続けさせていただいています。
独立してより実感するのは、やはり好きな仕事を自分の裁量でできる事。
店舗の立地も、買取する商品の絞込みも、広告の工夫も自分次第で楽しいです。

今だから笑える話

少し高い値段をつけてしまいました。

この業界ではよくあることなのですが、開業当初リピーターになって欲しいという思いから、少し高い買取値段をつけてしまいました。お客様獲得のためにはそのようなことも必要なのですが、そこは相場に慣れてくれば感覚が身につくと思います。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

掘り出し物に出会えたり、
お客様と話がはずんだり!

私の場合、カメラと時計が大好きなので、掘り出し物に出会えたり、
コレクターの方とマニアックな話をしたりするのがとても楽しいです。
働き方もお店は9~17時で週休2日制です。
休みの日でも出張買取などに行くこともありますが、
一般的な会社員に比べればかなり余裕のある働き方ではないでしょうか。
しかも独立して2年目で最高年商9500万円を達成!
会社員時代の収入をはるかに超えています。
今後はエリアを少し広げて、買取を増やしていこうと考えています。
繰り返しになりますがTRAは本当に人思いのいい会社。
ですので、そこでノウハウを学び低資金で独立できるこの独立開業は
個人の方にはピッタリだと私は思います。

私の ON・OFF

お店は9~17時で週休2日制。
余裕のある働き方を実現中。

お店が休みの日でもどちらかは出張買取や仕入れに使っていますが、そこも自分次第です。完全に休みの日は妻とゆっくりしていますが、無理なく働け、自分の時間が多く取れるのもこの仕事の特徴ではないでしょうか。

契約時の費用・経営情報

【契約時の費用】社員から独立のため0円
【店舗情報】愛知県豊橋市 一人で開業

senpai_middle.htm

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm