株式会社内職市場 先輩の独立開業ストーリー|フランチャイズ

先輩レポート

この情報は 2019/6/27 時点でアントレに掲載されていた情報です

労働人口が減っていく時代だからこそ、内職事業は更に必要とされ拡大していくと思う!

先輩レポートイメージ

PROFILE

佐藤 俊樹オーナー  48歳

内職市場 さいたま大宮店

通信業界で10数年、会社員を経験後、父の事業である派遣会社を引き継ぐ。時代の流れや業態の可能性を広げていくために、派遣事業に加えて内職事業を取り入れることを決意し、2010年に内職市場を立ち上げた。

独立のキーワード

サービスに感動
本部が親身になってくれた
社会貢献ができる

独立・起業のきっかけは?

先輩レポートイメージ

諸事情からフルタイムで働けない方々の
受け皿になれる内職事業に魅力を感じた!

会社員を辞めて父の事業である派遣会社を引き継いだ頃から、
実は、色々なマンパワーのあり方を模索していました。
派遣だと、どうしてもフルタイムで働く仕事が中心になってしまう。
でも、空いた時間を有効活用して短時間でも働く場を提供する
ことができれば、もっと多くの人が助かるはず!
そう考えていたんです。
そんな時に知ったのが内職市場という存在。
シニアの方や、能力はあっても社会復帰できずにいる主婦の方々に
再び活躍できる場を提供していけるこの事業に魅力を感じました。
内職として働いて、子育てが終了したらフルタイムで働く
派遣として活躍することも私の会社でなら容易ですから、
広く社会に貢献できると思いました。

独立・起業のプロセスは?

先輩レポートイメージ

内職事業は、未知の世界だからこそ
ノウハウ豊富な内職市場に加盟した!

派遣会社も営んでいたので自力で内職事業を立ち上げることも可能でした。
でも、人を集めることはできても内職さんたちに不安感や疲弊感を
持たせないための契約条件などをきちんと整備したいと思い、
ノウハウが豊富である内職市場にあえて加盟することを決意しました。
せっかく事業を立ち上げるのであれば、旧態依然とした
「なぁなぁ体質」ではダメだと考えたからです。
事実、派遣とは明らかに業務の流れが違いますし、内職さん一人ひとりの力量を
見ながら顧客から請け負った荷を仕分けして内職さんに委ねる。
かなり煩雑な業務もノウハウ豊富な内職市場オリジナルのシステムで
顧客管理から内職さんの稼働まで一元管理できるので助かっています。

今だから笑える話

倉庫を起点にして仕事をするのは初めて、
北向きなので冬とかはかなり寒いです(笑)

倉庫になる物件って、たいがい北向きなんです。ですから冬場は、かなり寒い…。これまで、オフィスの中でぬくぬくと仕事をしていたので、始めの頃は少し辛かったですね。営業時間が9時から15時までなので、気温が下がる夕方前には解放されて助かりますが、冬場はしっかりと保温対策をするようにしています。

仕事の魅力・やりがいは?

先輩レポートイメージ

請け負う仕事に業界の縛りは一切なし!
あらゆる場面にニーズは存在しています

事業を開始した当初は、派遣でお付き合いのある企業から
軽作業をいただいてましたが、今ではあらゆる業界から
仕事の依頼が舞い込んできます。
多いのは、印刷業界や文具、広告代理店などですね。
キャンペーン用のグッズをラッピングしたり、
100円ショップに並ぶ商品を小分けにしたり。
自社で賄うとコスト高になるところを一手に引き受けているんです。
また、内職市場の特徴として大口案件や特急案件などは加盟店同士で
協業して引き受けることができるので、
品質を落とすことなく納期に間に合わせることができる。
これは本当に強いですよ!
顧客の新規開拓法や成功事例なども共有できますしね。
本部と加盟店同士のつながりの深さを感じます。

私のON・OFF

先輩レポートイメージ

平日9時から15時営業で、土日祝は休み
他事業との両立も余裕で行えます!

元々、研修のトレーナーやキャリアコンサルタントを行っていたので、これは今でも平日の15時以降にしっかりと続けています。休みの日は、学生時代から続けているラグビーを仲間たちとプレイしたり、家族サービスの時間に充てたり。時間的にゆとりがあるので、仕事もプライベートも充実しています。

開業費用・経営情報

【開業資金】380万円〜(税抜) 内訳 加盟金/380万円
※上記加盟金には、事業で使用する管理システム、開業研修費、サポート料まで全て含んでおります。
※別途、物件取得費や機材・備品購入費、当面の運転資金が必要です。
【開業地】埼玉県さいたま市

ページの先頭へ

その他の独立開業プラン

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。