senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

軽急便株式会社の先輩レポート業務委託

senpai_main_top.htm

軽急便株式会社の先輩レポート

CASE 4
伊藤 克志さん 年齢58歳軽急便 北名古屋営業所

50歳を過ぎて加盟したけど、もっと早くても良かったかもしれないね(笑)

PROFILE

前職は電気メーカーの会社員。30年間会社員生活をしていたが、定年を前に一念発起。以前から漠然と考えていた独立に向けて舵を切る。軽急便の独立制度に興味を持ち、2011年7月に加盟。順調な経営を展開中。

独立のキーワード

  • 自己実現の欲求
  • 実地研修
  • やった分だけ結果に結びつく

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

このまま会社員で終わりたくない。
経営者としての挑戦がしたかった。

独立を真剣に考えたのは、子供も独立して手がかからなくなったことが大きいです。あと10年もすれば定年ですが、このまま会社員で終わるのもつまらない。そこで独立の検討をはじめたのです。妻も働いていましたが、二人とも仕事を辞め、まずは妻の夢でもあった花屋を開業しました。ただ花屋は妻だけでも運営できる。そこで私は別のことをと考え、たまたま雑誌で見つけた軽急便の独立制度に興味を持ったのです。実は前の会社で軽急便を使用していたこともあり親近感もありましたね。同業も比較しましたが、会社としての規模が大きく、安定して仕事が入ってくるという安心感が大きかった。また運転が好きだったこともあり加盟を決めたのです。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

研修は3日。
それでも十分と感じた密な研修内容。

研修は先輩オーナーの横に乗って、仕事の手順を覚えるところからスタートします。タブレットの操作や伝票の書き方などを覚えていくのですが、特別難しいことはないです。荷物も軽貨物なので運びやすいですしね。タブレットは便利ですよ。例えば、「A社は守衛さんのもとにまず向かう」といった感じで手順が表示されるので、そのとおりに配送すればいいのです。ルートもナビがあるので心配ありません。研修を終えれば、一人でやるわけですが、特に大きな問題はなかったです。ただ最初は仕事量をセーブしました。いっぱい請けてもきちんと時間通りに配送できるかわからないですからね。慣れてきたら徐々に仕事を増やしていくようにしたのです。

今だから笑える話

大手、ベンチャー、町工場…
いろんな企業に出会えます。

いろんな企業を訪問できるのは純粋に楽しいです。さらに守衛さんとか受付の人の対応が良かったりすると非常に気持ちがいいです。ある時、全社員が大きな挨拶をしてくれる会社があったのですが、あれは感心しましたね。思わず、後でどんな会社なんだろうとネットで検索してみたほど(笑)。有名な大手企業から小さな町工場まで様々な企業に出会えるので飽きることがありません。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

会社員時代を超える収入。
生活の不安は一切なくなった。

軽急便のいいところは多くの優良企業を顧客に抱えているところです。軽急便という信頼のブランドが広く浸透しているのです。だから毎日安定した量の仕事をオーナーは請けることができるわけです。現在の私の仕事の構成は、いろいろなご家庭への配送を行う個配と企業専属配送やチャーター便などで半々の割合。この割合はオーナーによって自由に決められるので、自分の働きたいスタイルで選ぶことができます。月の売上では最高で100万円近くいくこともあります。会社員であったら月給100万円なんて相当上の役職でももらえるかどうかでしょう。そういう意味では非常に稼げるので、もっと早く独立しても良かったかもしれないですね(笑)。※愛知1名

私の ON・OFF

長距離で地方に行った時は、
帰りに温泉に寄ってますね(笑)

休みは自由に決めることができます。休みを取りたければ、仕事を請けずに調整すればいいので、連休もとれます。私はどちらかと言えば稼ぎたいので、なるべく休みは取らないようにスケジュールを組んでいます。むしろ休みを取りたいと思わないですね。普通に運転しているだけで楽しいからストレスもありません。長距離で地方に行った時は帰りに温泉に入ったりもできますからね(笑)

契約時の費用・経営情報

●開業準備費用/160万円(加盟金、車両代、開業準備セット一式を含む)
●開業場所/愛知県

senpai_middle.htm

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer_middle.htm
ページの先頭へ
common_footer_bottom.htm
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm