senpai_bodytop.htm
common_top.htm
senpai_top.html

株式会社こころの先輩レポート商材&事業支援

senpai_main_top.htm

株式会社こころの先輩レポート

CASE 1
種谷 健児オーナー(写真右) 年齢47歳こころ世田谷治療院

将来性、事業の堅実性、人材確保のノウハウ全てにおいて優良な訪問医療マッサージ事業

PROFILE

携帯電話の代理店に勤務後、30代で独立。保険代理店、健康食品の販売と様々な業態を立ち上げる。商況の変化から携帯電話販売会社を2013年に廃業後、縁あってこころ治療院を開設。以来、堅調に売上を伸ばす。

独立のキーワード

  • サービスに感動
  • まずは行動
  • 高齢者を支える

Q1独立・起業を決めたきっかけは何でしたか?

様々な業態を経験した私から見ても
低リスクで採算性の高いビジネス!

携帯電話の代理店、健康食品販売、保険代理店、リラクゼーションマッサージと
これまでも様々な事業に着手してきました。
良い時も悪い時も経験した上で、こころ治療院のビジネスモデルを検証した結果、
マーケットの将来性や初期投資の低さ、何より既存事業との親和性などを考え、
加盟を決意しました。
初期投資で言えば、設備費が本当にかからないのです。
リラクゼーションマッサージであれば、店舗を構えないといけない。
でも、こころ治療院は訪問なので事務所を一つ持てばいい。
しかも立地を気にせずに済みますから月々のランニングコストも人件費くらい。
これはある意味最強だと思いました。

Q2どのようなプロセスを経て、独立・起業されましたか?

自宅近くの世田谷に事務所を構え、
施術者2名でまずはスタート!

思い立ったら即行動に移すのが私の信条。
本部のサポートもあり、2名の施術者を確保して2013年4月に開業しました。
初めの5カ月間は、私も一緒に居宅介護事務所やケアマネージャー様の
ところに営業に出かけ、世田谷こころ治療院の認知度アップに努めました。
初月からご利用者様はつきましたね。
やはり、通院できないご事情を抱えた方やお天気などに左右されるご高齢者が
多いですから瞬く間に予約でいっぱい。
リピートされる方が多いので、1名あたり20人のご利用者様でMAXになりますから、
即座に施術者を追加採用して半年後には施術者4名。
50名を超えるご利用者様を獲得することに成功しました。

今だから笑える話

まもなく開業6年目を迎えますが
施術者の確保さえできれば問題なし!

こころは、業務委託・正社員どちらの雇用形態でも大丈夫で、施術者の雇用方法をいろいろ選べるのが良いところ。初めの開業の方には正社員採用はハードルは高いかもしれませんが、業務委託採用もOKなので、施術者登用のハードルが低いです!施術者の雇用形態は、確かに悩みどころでもありますが、本部の支援もあるので確保には困りませんよ。

Q3仕事の魅力・やりがいについて教えてください

半径16キロ圏内のご利用者様を相手に
最大で11名の施術者、161名の方を治療!

1回あたりの治療内容にもよりますが、3000~5500円の収益で、
お1人あたり週2~5回利用されますから売上高はご想像ください。
私の場合は、施術者を正社員として雇用して待遇面もきちんと保障することで、
人材は紹介でほぼ確保できます。
このビジネスは施術者の質と数がものを言いますから、
私はかなり恵まれた状態。
本部も採用に関しては、しっかりとサポートしてくれますから、
後は地域性に合わせて雇用条件を提示するだけ。
現在は、マネージャーに日頃の業務はバトンタッチしていますが、
それでも朝夕は治療院に顔を出して施術者たちのフォローをする。
こうした地道な取り組みが長く経営していける秘訣ですね。

私の ON・OFF

土日は全てのビジネスを完全休業!
育メンとして家族サービスに専念しています

8歳と4歳の子供がいるので休日は、もっぱら家族サービスに専念しています。様々な事業を経営していますが、どれも順調に推移しているので週に2日はしっかりと休むことができる。中でもこころ治療院は、リピート率90%のストックビジネスですから立ち上げ当初は気が抜けませんが、後は運営しやすいですよ。

契約時の費用・経営情報

【開業資金】188万5000円~(税抜) 内訳:内訳加盟金/150万円(1治療院※2店舗目以降は100万円)、研修費/30万円(施術者1名※2人以降は10万円)、レセプトソフト導入費用/5万円(1治療院)、レセプトソフトID発行料/3万5000円(施術者1名)
【開業地】東京都世田谷区

senpai_middle.htm

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。

senpai_main_bottom.htm
senpai_bottom.htm
common_bottom.htm
common_footer.htm
ページの先頭へ
スマートフォン向け表示
senpai_bodybottom.htm
src_common_bottom.htm
src_senpai_bottom.htm
recommend_keisaigaisha.htm