先輩レポート

2016年6月。夫婦念願のお店をOPEN。開業1週間目から多くのリピート客ができています。

先輩レポートイメージ

PROFILE

野田 ご夫妻  31歳

大漁丼家 東大和店

野田正人・恵ご夫妻。ともに31歳。二人でずっと「いつかはお店を持ちたい」と話していました。結婚後、本格的に行動を開始。飲食関係を中心に検討した結果、心の通う本部対応が決め手となり、大漁丼家のオーナーに。

独立のキーワード

自分の店が持ちたい
社長の熱い思いに共感
夢の実現

独立・起業のきっかけは?

先輩レポートイメージ

開業資金・本部の対応・研修制度・・・
何もかも大漁丼家が一番良い印象でした。

ずっと「結婚したら二人で食べ物屋さんをやろう」と
話してしました。結婚式を挙げ、本格的に
いくつか飲食系のFC本部に話を聞いてみました。

ところが、なかなか自分達の希望に合う業態と出会えなかったんです。
ある揚げ物系のお店の場合は、希望する物件では
地主さんから油を使うことに承諾頂けなかったり。
別のお店では、説明会での本部対応に誠意が感じられず、
不信感を得てしまいました。

その中で、この「大漁丼家」は問い合わせてすぐに、
詳しい資料が届いたんです。説明を聞いた後も、
店舗見学ができ、親身に話をしてくれました。
誠意ある対応に「ここならやっていける。やりたい!」と意見が一致。
開業資金や研修制度なども希望通りでした。

独立・起業のプロセスは?

先輩レポートイメージ

夫婦二人、それぞれ研修。
新規OPEN店のお手伝いは参考になりました。

「大漁丼家」は今、出店ラッシュです。
私たちのようなFCオーナーも、続々と増えています。
そのため、開業前の研修期間に、先輩オーナーの新店OPENを手伝えたことは、
大いに参考になりました。

忙しいんだろうな・・・とは思っていましたが、実際にその場にいると、
本当に予想外のことが起こります。
多くのお客様がいらっしゃることはもちろん、
お電話で10人分の予約が入り、接客だけでなく、
丼を作る人のペースを考えて配分していくことなど、
色々なことが学べました。

新規店舗のお手伝い以外の研修でも、未経験の私たちにも一つ一つ細かく、
マグロの切り方をはじめ、参考になる盛り付け方を伝授くださるなど、
わかりやすく教えてもらいました。

今だから笑える話

同じ包丁の使い方でも、
家庭の料理とは全く違いましたね。

主婦として日々の食事もつくっていますから、包丁は使えると思っていました。でも仕事として習うと、使い方など全く違っていました。最初はただ、マグロなど魚介類を切って盛り付けするだけなので、比較的に簡単にできると思っていましたが、全く違いましたね。盛り付け一つ違うだけで、すごく美味しそうに見えるんです。研修では様々な「プロ」の仕事を学べました。(奥様)

仕事の魅力・やりがいは?

先輩レポートイメージ

店舗OPEN日は奥様のお誕生日。
まだまだこれからですが、毎日が楽しい。

妻の誕生日に、お店をOPEN。
実際にお店がスタートすると戸惑うこともありますが、
開店からずっと、毎日来て下さるお客様がいらっしゃいます。
「美味しかったから、また同じものをお願いね」
「あなたの笑顔が素敵だから、またくるね」と
言っていただけると、本当に嬉しくなります。

多少の戸惑いがあっても、先輩オーナーや本部の方が、
「何か困っていることはない?」
「あれはやった?」と、こちらから聞く前に連絡をくれます。
応援してくれる人、そして、楽しみに来てくれるお客様。
多くの人に支えられて、30代の若い私たちですが、
このお店をやってよかったと心から思っています。
まだまだこれからですが、忙しい毎日が楽しいですね。

私のON・OFF

先輩レポートイメージ

まだまだお店のことで精一杯。
でも、楽しいから頑張ることができます

開業したばかりなので、まだON ・OFFのメリハリがついていないのが実情です。わからないこともたくさんあり、ついつい、お店を閉めた後でもいろいろ考えてしまいます。ですが、そんな毎日も、この仕事が楽しいから頑張ることができます。安くて美味しい海鮮丼を、多くのお客様がとても喜んで買っていかれるので、このお店をやってよかったな、と早くも二人で話しています。

開業費用・経営情報

●店舗/大漁丼家東大和店/東京都東大和市上北台3-369-8 
●開業資金/112万円(税抜):内訳/加盟金(100万円・税抜)、保証金(6万円・税抜)、研修費(6万円・税抜)
 ※物件取得費は別途

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。