先輩レポート

満員電車や仕事のストレスから解放。売上は順調で、次は利益率のアップが目標です。

先輩レポートイメージ

PROFILE

栗原正光・恵理子さん ご夫婦 

セブン‐イレブン青梅野上2丁目店

エンジニアとして勤務していたITメーカーが別の外資系企業に買収。仕事のプレッシャーと将来への不安を感じて早期退職を検討。自分で経営をしてみたいと考え、一番堅実に感じたセブン-イレブンで2012年8月独立。

独立のキーワード

人を喜ばせたい・感動させたい
本部が親身になってくれた
自分のペースでできる

独立・起業のきっかけは?

先輩レポートイメージ

会社員時代、疲れた私を支えてくれていた
コンビニを、今後は自分で経営してみたい。

35歳の頃に転職した世界最高レベルの技術を持った外資系会社では、
収入もやりがいも大きかったのですが、その分、非常に高い数値目標や成果を
求められるシビアな環境に将来の不安を感じ、早期退職を決意。
転職も考えましたが、会社員として同じ状況を繰り返すよりも、
自分で経営をしてみたいと考え、素人でも始めやすいフランチャイズを選びました。

仕事のやりがいを考えると、やはり一番嬉しかったのはお客様からの「ありがとう」の言葉。
多くの人の役に立てる仕事をしていけたらと思った時に頭に浮かんだのが、
夜に疲れ切って立ち寄っていたコンビニ。
自分を支えてくれた場所を、今度は自分で経営していけたらと思ったのです。

独立・起業のプロセスは?

先輩レポートイメージ

妻は接客、私は経営。それぞれの得意分野を
活かしながら、うまく運営できています。

惣菜販売の経験がある妻は、接客やレジなど商売の表側を担当し、
私は前職で培った経営の知識を活かし、経理や発注など主に裏方を担当。
夫婦で得意分野を活かして店舗運営をしています。

1年目はまだ地域での認知が低く、苦労もしましたが、
担当OFC(店舗経営相談員)のフォローと励ましにはいつも助けられました。
その後、売上はどんどん伸び続け、今では1年目と比べても倍以上に!
私たちは完全に素人でしたが、それでも成功できる仕組みがあるのがセブン-イレブン。
いろんな方のアドバイスを素直に耳を傾け、
決まった手順に則って進めることでこんなにもうまくいくのかと驚きました。
これから先どれだけ利益を増やせるかは私たちの采配次第です。

今だから笑える話

夫婦でこじんまりと商売するつもりが、
想像以上の忙しさと喜びがありました。

お客さんとして通っていたコンビニは、住宅街にあるのんびりしたお店。そんなイメージで、夫婦でこじんまりと商売していくのを想像していたのですが、いざ独立してみると想像していた以上に忙しい毎日。定期的なセールや季節ごとのキャンペーンなど、スタッフの協力があってこそ戦えるもの。みんなで力を合わせて盛り上がったり、お客様の喜ぶことを考えてアイデアを試したりしています。

仕事の魅力・やりがいは?

先輩レポートイメージ

満員電車 → ゆったりマイカー通勤へ。
終電で帰宅 → 勤務時間は自分次第。

独立して何より大きく変わったのは働き方です。
以前は満員電車で通勤し、朝は定時には出社して、帰るのは終電近く。
出張も多く、多忙な日々でした。
今はマイカー通勤で、平均すると10時に店舗に来て、20時には帰宅。
発注など外せない時間はありますが、それ以外の時間は自由なので、
昼間に店舗を抜けて、家に帰ることも。
会社員時代のいらないストレスが減った実感があります。

私たちがこだわるのは、お客様の期待に徹底して応えるお店。
求められる商品があればすぐに仕入れ、ご要望があれば毎日ミールをお届けする。
お客様の役に立てていると感じられる瞬間も増えて来たので、
これからももっと地域に愛されるお店にしていければと思っています。

私のON・OFF

先輩レポートイメージ

お正月や夏休みは家族旅行へ。
うまくバランスを取って働いています。

会社員の頃は結構ハードに働いていたので、独立してオン・オフのメリハリをつけた働き方ができるのは大きな喜び。子どもはまだ小学生なので、母に面倒を見てもらっていますが、妻も私も普段は19時〜20時には帰宅して子どもとの時間も大切にしています。開業して3年目からは私も妻も週1日は休むようになり、お正月や夏休みは少し長めにお休みを取って家族旅行も楽しんでいます。

開業費用・経営情報

【店舗所在地】東京都青梅市野上町2丁目18-2 
【開業資金】250万円(税抜) ≪内訳≫研修費:50万円(税抜)  開業準備手数料:100万円(税抜)  開業時出資金:100万円(非課税)

※開業費用などは先輩が開業された当時の金額であり、現在は変更となっている可能性がございます。詳細は必ず企業にご確認ください。