カテゴリー

Line

できるかどうか?で考えない。女装専門の美容家『女装士』保志エリカの勝算

メイン画像

『女装士』という職業があること、皆さん知ってますか?

ちなみにこの記事を書いている僕自身も、取材先としてアントレ事業部から打診をされるまで全くしらない業種?でしたし、なんなら「知らなくていいや」くらいに思っていた世界(女装クラスタ)でした。

が、まぁぜひ食わず嫌いをせずに以下を読んでみてください。

上記の美人さんがどれだけスゴイ人か、ニッチな市場でどうやれば勝っていけるのか。そして自分自身というプロダクトでマーケットに打って出るには、まず何から考え行動するべきなのか。

結構、メカラウロコな内容だと思いますよ。

1人の後ろにマーケットがある。日時まで決めた緻密な計画と決意

取材画像

―まずはよく聞かれると思うんですけど。なぜ女装専門美容家になろうと思われたんですか?

―保志
もともとは30歳の時に外資系コスメの日本1号店マネージャーとして、お店でメイクをしたり化粧品をオススメしたりしてたんですよ。

で、ある時男性が来店されたんですね。

―男性が?ですか?

―保志
ですです。で、私がメイクを担当していた時に、上司から言われたんです。

「店のイメージが下がるから男性に化粧をするのを今すぐやめろ」って。

私は『なんで?』となってしまって。なんでそんな指示を出すのか意味がわからず、そのままメイクを続けたんです。

後から考えれば、「化粧品売り場のカウンターはブランドにとって看板そのものだから見栄えが大事なんだろうな」ってのはまぁ理解はできたんですけど、やっぱりなんかちょっとモヤっとしたんですよね。

男性も化粧をするんだなっていう気付きと、きっとすごく勇気を振り絞ったんだろうな。という気持ちと。

でもブランド側はそれを素直に「良い!」とは言えないっていうなんとなくな気持ち悪さというか...。

―確かに。なんだかちょっとモヤっとしますね。

―保志
ですよね。で、改めて考えたんです。

きっと来店した男性は、相当の勇気をふりしぼって来た人なんだろう。で、実は勇気が出せないってだけで、彼のような人はもっとたくさんいるんじゃないか。

それって、もしかして誰も手を出せてない大きなマーケットなんじゃないか?なんて考えちゃったんですよ。

―すっごい視点ですね(驚)それで、会社を辞めて独立しようと?

―保志
いいえ。すぐに独立するんじゃなくてまず独立する日時を決めたんですよ。今の知識量から考えると~「5年後の35歳のこの日だな」って。

で、そこから必要な知識を学ぶために、高級化粧品会社へ売り方とか戦略を学ぶために転職し、次に肌とか髭のメカニズムを学ぶ為に美容機器メーカーへ転職。

それぞれの環境でのタイムリミットを決めて全力で吸収して...。

で、35歳の時に計画通り独立した感じなんです。

―日時から決める...ちょ、ちょっとスゴイですね。真似できないかも。

―保志
計画通り進めるチカラというか、間に合わなくてもいいから「この日までにやる」決めてしまうイメージですね。

  • ○○ができるようになったらやろう
  • ■■の知識がついたらやろう
  • △△の経験を積んだらやろう

とかやっちゃうと、とにかくダラダラ長くやろうとしちゃう。それよりは、とにかくギュッと濃縮して勉強した方が覚えるなって。

だから、たとえ35歳になってやりたいこと全部終わってなくても、絶対立ち上げてやろうと決意していたんです。

売ることを極めた先で、売ろうとしたのは『体験』だった

取材画像

―すごい決意ですね。しかし、それで35歳の時に女装専門美容家として独立されたわけですね。独立されてどうですか?

―保志
うーん。いままでは化粧品という「物」を売っていたんですけど、いま売っているのは、どっちかというと体験...なんでしょうね。

たしかに化粧品も売っているんですけど、その手前のメイクして綺麗になってもらうっていう部分に100%のチカラを使ってるんですよ。

売るという行為の手前に力をそそげば、そこから後は自然と売れるだろうと。欲しくなる前の体験に全力を注いだほうが楽しいんですよ。

―マネジメントも経験し、ビジネスマンとしても一級のスキルをもってるからこそ物を販売するのではなく体験を提供する方が面白いというわけですね

―保志
ですかね(笑)

結局落としちゃうメイクですけど、そこに全力で取り組むことによって綺麗になれたっていう記憶を持って帰ることができるんです。

しかもそれがココでしかできない体験だった場合、お客さんにとっての価値ってとても高いと思うんですよね。

自分にできるかどうか?ではなく「する」か「しない」で考える

取材画像

―体験に価値をつける...かぁ。確かに、それは事業の強みになりますね。

―保志
ですね。体験に価値をつけるというのは、事業をやりつつげる為にすごく重要なんですよ。

起業して失敗しちゃう人に多いのは、実は事業モデルとかやりかたではなく、そもそもの発想に問題があるケースが多いんです。

自分にできるかできないか?で「何を売るか」を決めてしまうので、競争に負けちゃうんです。

例えるならゴハン食べに行くのが好きだから飲食店できるかもみたいな、ダメそうでしょ(笑)

―それは確かにダメそうです(苦笑)

―保志
できるできないじゃなくて、「する」か「しない」で判断すること。

で、すると決めてから『じゃあ誰に何を体験してもらうのか』。言い換えれば『どんなシチュエーションの人に価値を感じてもらうのか』を突き詰めていく。

そこに自分自身の「失敗」を重ねて強みを作っていけばいいんです。

―失敗?成功の体験...ではなく?

―保志
そう。失敗。

人間、成功した経験ってあんまり正確に覚えてないんです。どうしても盛っちゃうから。

でも、失敗した経験は正確に覚えてる。つまり客観的に「課題」を見つめることができるんですよ。

ビジネスって結局なにかしらの課題解決じゃないですか? 私の場合はそれが『女装癖の男性の化粧をやめろと言われたこと』でしたけど…

そういう失敗=課題に対する違和感みたいなものが、事業をやっていく上での強みだったりモチベーションになったりするんですよね。

―めちゃくちゃ心に刺さりました。保志さんの今後にとても興味があるのですが

―保志
実はまだちょっとナイショなんですけど、女装専門の通販を立ち上げている途中なんです。もちろん普通の通販じゃなくて、レンタル型の通販。月契約で借り放題みたいなやつです。

うちのお店に来れる人はいいんですけど、家から出れないお家女装をしている人ってものすごくたくさんいると思うんですよ。で、そういう人達は普通通販するしかないんですね。

でも、そういう人達は友人にも相談できないでしょうし、もちろん女性服のサイズ感なんてわからない。

肩が入らないとかウエストがキツいとかウィッグとかもかぶってみないとわからないじゃないですか?だから、レンタル出来て着れる事がわかってから買えたらいいんじゃないかなって。

取材画像

―なんと。ニッチマーケットのさらに奥にいる潜在層や表立って言えない層に思いっきり刺さりそうですね。それ。

―保志
でしょ?すごく面白いと思うんです。

まだまだやりたいことだらけですし、私の未来日程はガンガン新タスクが入っていってる真っ最中なんです。

いつか、かつてのオタク文化が日本の文化として浸透したように。女装男子も一つの文化として広めていくことができたら。

きっと、男性がなんの気兼ねもせずにデパートの美容ブースに行ける日も来ると思うんですよ。

私は、そんな未来の文化を作ってみたいんです。

まとめ(というかなんというか)

さて、いかがでしたでしょうか?『女装』というマーケットに対する認識、結構変わりましたよね。

保志さんの夢と野望がまぶしすぎて、格好良すぎて、正直もう取材陣メロメロでした。

実は上記以外にも、尺の都合でカットされた20代の頃のホテル勤務時代エピソード(新卒就職 ⇒ マネージャー昇格 ⇒ 女性差別な業界で奮闘)なんかもあったりするんですが、こちらもなんとかどっかで記事にしたい…。という熱いストーリーがあったり…。

わざわざ仕事の時間を割いてまで時間を作ってもらった僕たち取材陣に対しても、飲み物から部屋の温度から、BGMまで(取材陣の年齢に合わせて世代バッチリな懐メロをかけてくれてました)と、気にかけてくださった保志さん。

とりあえず、原稿上がったら一回飲みに誘おうかと思います!

色々ありがとうございました!

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

1971年。

今から48年前、日本を代表する人気コンテンツ『仮面ライダー』が産声を上げた年です。

『仮面ライダー』の制作に携わり、現在に至るまで様々な映像作品・舞台などで主にアクションの側面から人気コンテンツを支えてきた会社が、株式会社ジャパンアクションエンタープライズ。

今回は同社の代表取締役社長・金田治さんにお話を伺いました。

特撮界の巨匠として、数々の作品に携わってきた金田さん。

今回は金田さんがアクションの世界に入った理由から、作品作り・後続育成をする上で大切にしているものを伺いました。

<プロフィール>
金田治さん
株式会社ジャパンアクションエンタープライズ代表取締役社長

21歳の時に千葉真一さんが立ち上げたジャパンアクションクラブに入門し、その後アクション俳優、スタントマンとして活躍。

現在は株式会社ジャパンアクションエンタープライズ代表取締役社長を務める傍ら、テレビや映画で監督として活躍を続けている。

『特捜ロボジャンパーソン』で監督デビュー。『仮面ライダー電王』『仮面ライダー鎧武』などの仮面ライダーシリーズ、『特命戦隊ゴーバスターズ』などのスーパー戦隊シリーズほか、さまざまなアクション作品の監督を務める。

巨匠・金田治が、アクションの世界へ踏み出した意外な理由

―仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズを始め、多くのアクション作品の監督を務めている金田さん。もともとはスタントマン、アクション俳優だったそうですが、なぜアクションを志したのですか?

金田さん
最初のきっかけは、ズバリお金が欲しかったからです(笑)。

高校を卒業して進路を考える頃、大学に行って勉強するのは嫌、会社員になって働くのも嫌だったので、専門学校に進学することを口実に東京へ出てきました。

専門学校に行きながらアルバイトで食いつないでいたある時、兄がエキストラの仕事をしていた関係で、千葉真一さんが主宰する「ジャパンアクションクラブ」(以下、JAC)の存在を知りました。

幼い頃からテレビも映画もあまり見てこなかったので、正直良くわからなかったのですが、なんでもアメリカのハリウッド映画でアクションをこなすスタントマンは、1回のアクションで何十万円ももらえるらしいと聞きまして。

「スタントマンていうのはお金になるのか!」と思い、兄に紹介してもらい21歳でJACの門下生となったのがきっかけです。

―なんというか、ものすごい生々しい理由でアクションの道に進まれたのですね…(笑)。

金田さん
当時の僕は、特に「将来何になりたい、こんなことがしたい」みたいな目標がなかったんですよ。

とりあえず大金を稼げる方法としてスタントマンの仕事があった。だからそれに挑戦してみた、という流れです(笑)。

―そしてその流れが現在にもつながるわけですが、JAC入所当時はどうでしたか?

金田さん
入所してから東映のテレビや映画のアクション、藤岡弘さん演じる「仮面ライダー1号」のトランポリンアクションなどに出演してました。

当時は実際に藤岡さんご本人が仮面ライダーのスーツを着ていたのですが、トランポリンを使うアクションの時はスタントマンがスーツアクターを演じていたんですよ。

真夏の撮影で、汗だくになりながらも必死でしたね。当時は僕も駆け出しでしたから、諸先輩方に怒られながら経験を積んでいったんです。

―やはりアクションの道は生易しいものではなかったんですね。それでも大変な分、当初の目的通りお金を稼ぐことはできたのではないですか?

金田さん
それが意外と稼げなかったんです。やはりアメリカと日本の制作予算の差なんですかね、想定外でした(笑)。

お金がちゃんと稼げていないことに疑問を感じつつも、とにかく多忙を極めていたので仕事に没頭していました。

―大変な現場を任されていたのにも関わらず、収入が伴わないのであれば、いっそ辞めてしまうという選択肢もありそうですが、なぜ続けられたのでしょう?

金田さん
んー…、なんとなく周りに流されてしまって(笑)。

たしかにおっしゃる通り、過酷な現場で当時はまだ薄給でしたから、僕より先に入った先輩たち、特に家庭を持っていた方の多くは辞めてしまったんです。

JACに入った仲間内では、僕が年長者だったこともあり、気がついたら同期や後輩の中で僕が1番年齢が上になっていました。

知らず知らずのうちに、みんなが「かねさん、かねさん」って慕ってくれるようになってからは、もう辞めるに辞められなくなってしまって。本当はお金がもっと稼げるところに行きたかったんですけど(笑)。

ちょうどその頃『ロボット刑事』という作品で主人公のスーツアクターを担当することになり、当初の期待とは程遠いものの、徐々に安定してお金も稼ぐことができるようになっていきました。

アクションはあくまで、表現の1手段。芝居を最優先に考える“金田イズム”

―アクション俳優・スタントマン・スーツアクターとして活躍し、JAC内でも頭角を現していった金田さんですが、監督業を始められたきっかけは?

金田さん
JACに入所してから4年ほどでしょうか。『正義のシンボル コンドールマン』という作品で初めてアクション監督(技斗、殺陣師)としてデビューしました。

最初は見よう見まねでしたね。これまでの撮影でアクション監督がどういった仕事をしてきたかを思い出しながら、自分なりに考えて。

その後アクション監督を務め経験を積み『特捜ロボ ジャンパーソン』で監督デビューしました。

『ジャンパーソン』の後は『重甲ビーファイター』や『仮面ライダークウガ』から始まる、平成仮面ライダーシリーズを中心に、監督として作品作りに携わってきました。

―監督業の傍ら、1996年にはJACの代表取締役に就任、2001年には「株式会社ジャパンアクションエンタープライズ」(以下、JAE)に社名を改称します。経営者としての仕事もされている金田さんですが、JAEとはどんな会社なのでしょう?

金田さん
主にアクション俳優、スタントマンのマネジメントをしており、会社全体では140名ほどが在籍しています。

ありがたいことに映画やドラマといった映像系の仕事から、舞台やライブといった各方面からお仕事をいただいております。

加えて、アクション俳優・スタントマンを育成する養成所(JAE養成部)も運営しています。現在第一線で活躍する俳優たちのマネジメントと、次世代に活躍する新しい才能を育てるのが会社の主な役割ですね。

―金田さんが作品を作る時、もしくは経営者として次世代の才能を育てていく時に心がけていらっしゃることがあれば教えてください。

金田さん
僕は、アクションとはあくまで「表現の1つの手段に過ぎない」と思っています。

作品作りにおいても「ただアクションがかっこよければいい」というわけではなく、より根幹の「芝居」の1表現としてアクションが成り立つと、考えているんです。

JAE養成部では主にアクションを中心に勉強するわけですが、そもそも前提として「芝居」ができなければ意味がありません。

作品作りも育成も、アクションの根底にある「芝居」は特に意識していますね。

―「芝居」を最優先に考える“金田イズム”が浸透しているからこそ、JAEには素晴らしい俳優さんが募るんですね。

金田さん
そうだといいですね(笑)。

映像作品や舞台、ライブなど様々なお仕事に、ウチの所属する俳優たちを呼んでいただける理由が、そのスタンスと技術を評価してくださってのことなら、とても嬉しいですね。

僕は顔を出す俳優も、スーツアクターやスタントマンとして顔を出さない俳優も、カメラの前に立ったら同じ「役者」だと思っています。

役者である以上、芝居をする。アクションの奥にある、感情や想いを伝えられる作品を1つでも多く作っていきたいですね。

何が自分に向いているかなんて、分かっている人の方が少ない

―金田さんがこれから挑戦したいものを教えてください。

金田さん
スタントマンによる「アクションライブパフォーマンス」を現在構想中です。

映像作品においてCGの技術が発達し、昔ほど生身の人間のアクションが重要視されなくなった現在だからこそ、俳優たちが全力で演じ、派手なアクションを魅せるという試みに挑戦したいんです。

映画の1シーンで見るような迫力のあるアクションを、生で見られる舞台をこれから作っていきたいですね。

―これから何かにチャレンジしたいと思っている読者へ、メッセージを頂けますか?

金田さん
その都度その都度で、やりたいことがあったらやってみるのが1番だと思います。

僕はJAEに所属する俳優たちやスタッフたちに対して、その人自身が最も活躍できる場所を作ってあげたいと思っています。

例えば今、俳優をやっている人はもしかしたら後続の指導に向いているかもしれないし、作品作りのアクション監督、演出家、監督に向いているかもしれない。

何が自分に向いているかなんて、意外と当人は分からなかったりするものなんです。だからこそ周りにいる人が、その人にいろんなチャンスを与えてみる。

僕自身、アクション俳優をやってみたり、監督をやってみたり経営者をやってみたり。周りにいた人たちにいろんな誘いをいただいたから、今こうしているんです(笑)。

自分が昔そうだったように、僕もまた誰かにいろんなチャンスを与えられる人でありたい。

だからこそ「何かをやってみたい」と思ったら、行動を起こしてみる。周りの人に勧められて気づくこともあれば、自分で行動を起こして気づくこともある。

少しずつでも活躍の場所が広がっていけば、自ずと自分の進むべき方向も分かってくるんじゃないでしょうか。

2019年6月13日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ