カテゴリー

税理士ドットコム

個人事業主と自営業者・フリーランスの違いとは

個人事業主と自営業者・フリーランスの違いとは

企業に勤める会社員以外で自ら事業を行っている方を、個人事業主や自営業者などと呼びます。

最近は、フリーランスなどの自由業という呼び方をする方も一般的になってきました。

自ら事業を行っている方の呼び方が、なぜこのようにいくつもあるのでしょうか。

この記事ではファイナンシャルプランナーでもある筆者が、個人事業主・自営業者・フリーランスの違い、自営業の種類、メリットやデメリットを整理して解説します。

自営業とは自ら事業を営んでいる人の総称

自営業とは、企業に勤める会社員以外で、「無職ではなく、自ら事業を営んでいる人」をさし、社会的に通じる総称です。

「自ら事業を営む」とは、登記をし起業をしていることや、お店や事務所を開設していることなどを指します。

自営業の種類はさまざま

自営業の種類として、飲食店や小売業などの店舗を持つ方や、専門的な資格を持ってサービスを提供する方などがいます。

最近はインターネットなど通信が発達してきたことで働く場所が自由になったことから、自宅で開業して自営業となる方も増えてきました。

自営業の規模もさまざま

自営業の規模は、1人で営む方、家族で協力して経営する方、従業員を雇って運営する方など、働く人数に制限はなくさまざまです。

また、オーナー社長などで法人を設立している方は会社の社長ではあるのですが、自分で事業を営んでいるということから、「自営業者」と呼ぶこともあります。

事業を営む上で、法人や個人などにこだわらない場合に、「自営業」と呼んだ方が社会的に説明しやすいという理由などが考えられます。

つまり、自営業は会社員以外の方で、自分で事業を営む人に社会的に広く使われる呼称なのです。

個人事業主と自営業の違いとは

個人事業を行う場合には、個人事業主として開業届を税務署に提出する必要があります。

つまり、個人事業主とは、株式会社などの法人を設立せず、個人として事業を営むために開業届を出している方を指す法律に基づいた呼び名なのです。

自営業が、自分で事業を営む方を総称した社会的な呼び名であることに対して、個人事業主は、開業届を出し、法人格を持たない方に限定されると法律で定められています。

個人事業主と自営業の関係を整理すると、個人事業主は自営業に含まれることになり、自営業のうち法人格を持っている会社の社長は個人事業主とはならないことが分かります。

個人事業主と自営業は同じような意味で使われることも多いのですが、個人事業主に法人は含まないという違いがあります。

この違いにより、自営業でも法人の場合は、売上は法人の事業所得として申告し、個人事業主は個人の事業所得として申告するなど、税金の納め方が異なってきます。

なお、個人事業主として開業し、事業が軌道に乗って売上が増加したり、大手企業と取引をするための信用度を上げたりするために、個人事業を法人化する人もいます。

これを“法人成り”といいます。

個人事業主は国民健康保険や国民年金の加入が必要であり、税金は累進課税で収入の増加に伴って納める税金が増えていきますが、法人になると経営者の役員報酬を経費に算入することができますし、経営者個人の所得税を算出する際には給与所得控除の対象になるため節税ができるという利点もあります。

法人として会社を設立しないのであれば、従業員を何人雇っても、売上が増えても個人事業主であることに変わりはありません。

個人事業主とフリーランスの違いとは

フリーランスとは、企業には属さずに独立して仕事を請け負う人のことをいいます。

会社員は勤務先の企業と雇用契約を結んで働きますが、フリーランスは企業や団体などと雇用関係を結ぶことはなく、企業や団体から仕事の依頼があるたびに、請負などの契約を行い、求められる業務を行います。

実際には1つ1つの仕事ごとに契約書を取り交わすのではなく、1年間や複数年などの長期間で企業などと契約を結び、その契約期間の中で案件ごとに発注書を受けて、業務を行うことが一般的です。

フリーランスは働き方を指す言葉であり、フリーランスとして働く人の職業はプログラマーやデザイナー、カメラマン、イラストレーター、ライター、コンサルタントなどさまざまです。

いずれも個人が持つ資格やスキルを活用して、時間と場所を選ばずに仕事を行えるのが特徴です。

フリーランスのうち、法人を設立せず、税務署に開業届を出している方は個人事業主となります。

当然、個人事業主でありフリーランスでもある方も出てきます。

しかし、フリーランスは時間と場所を選ばずに仕事ができることや、1つの企業に属さず複数の企業などと取引があるという特徴があります。

そのため、個人事業主のうち飲食店の経営者や雑貨店の小売業者などは、企業などから業務を請け負う仕事はしていないことや働く時間と場所がおおよそ定められていることから、フリーランスとは呼べないのです。

自営業のメリットとデメリット

自営業は会社員として雇用されないことによる、メリットとデメリットが存在します。メリットとデメリットをそれぞれみていきましょう。

自営業のメリット

大きなメリットとして、自分で会社に縛られずに思うように事業を進めることができることは大きいでしょう。また自分の力で売り上げた成果を、ほぼ自分の好きなように使えることもあります。

経費として計上できることによる節税対策も、メリットのひとつと言えます。

自営業のデメリット

デメリットとしては、事業を継続して安定的に売り上げを獲得する責任があり、収入が不安定になる可能性があることです。

また会社員であれば会社が一部負担してくれていた、年金や保険料の支払い負担が増えることもあげられます。

まとめ:自営業が意味する範囲は広い

自営業、個人事業主とフリーランスは、いずれも自ら事業を営む方を指す言葉ではあるものの、自営業の範囲は広く、自ら事業を起こしている方の総称として社会的に使われています。

これに対して、個人事業主は税務署に開業届を提出していて法人ではない方の法的な呼び名であり、フリーランスは企業に属さず業務を請け負うという働き方を指す言葉であり、それぞれ違う意味で使われていることが分かります。

働き方は多様化されていますので、自営業と個人事業主とフリーランスの言葉を整理しておくことが、ビジネスを行うときに大切です。

自営業の種類やメリット・デメリットについても理解しておきましょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 杉浦詔子

「働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族等へのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っている。また、女性のキャリアと家族や恋愛等コミュニケーションに関する相談、FP等資格取得支援にも力を入れている。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

中小企業の社長が突然亡くなってしまうケースが多くみられます。

残された遺族としては会社をどうするかも決めなければなりませんが、会社の借金にも注意が必要です。

会社は銀行から借り入れをしていることがあります。

この場合、社長はその借り入れの連帯保証をしている場合が多いです。

この連帯保証とは何か、どうすればよいかを考えていきます。

(さらに…)

2020年8月5日

親が一人で会社を経営していたら、代表取締役である親が突然他界してしまって後継者がいない、ということがあります。

このようなケースでも、その会社の株式は相続財産となり相続人に承継されていきます。しかし相続財産のうち負債の方が多い場合など、相続人の全員が相続放棄を行うこともあります。

では、相続人が全員相続放棄をする場合はどのような点に注意すればいいのでしょうか。

(さらに…)

2020年8月4日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ