カテゴリー

税理士ドットコム

個人事業主はプライベート用と銀行口座を分ける? 分けない? 屋号を口座名に入れるメリットとは

個人事業主はプライベート用と銀行口座を分ける? 分けない? 屋号を口座名に入れるメリットとは

個人事業主として事業を始めた時、銀行口座は基本的に個人名義の口座を使います。

新しく開設することもできますし、それまで使っていた個人の銀行口座をそのまま使うことも可能です。

ここでは、プライベート用と個人事業主の口座は分けたほうがいいのか、分けなくてもいいのか、分けた場合の屋号を口座名に入れるメリットについてお伝えします。

銀行口座はプライベート用と分けるべき? 分けないべき?

事業の規模にもよりますが、本格的に事業を行うときは、プライベート用の銀行口座と個人事業主の銀行口座を分けたほうがお金の管理がしやすくなります。

銀行に限らず、ネットバンク、信用金庫等の他の金融機関での手続きも共通です。

個人事業主であっても、銀行口座はプライベート用と事業用で分けるべき

個人名義の口座を事業に使う場合は、事業専用の銀行口座を新設するか、使っていない銀行口座を事業専用にしましょう。

事業経費の銀行引き落としは、全て事業専用口座から引き落としにします。

事業用のクレジットカードは、事業用口座から引き落とす

クレジットカードを事業で使う場合は、事業専用として1枚クレジットカードを作成し、事業専用口座からの引き落としにしましょう。

事業主の給与は、事業用口座からプライベート用口座へ振り込む

事業主の給与分は、事業専用口座からプライベート用の口座へ振り込みます。

また、事業のお金の出入りが多い場合は、収入専用と支出専用の口座を分けると毎月の収支がより明確になります。

銀行口座をプライベート用と事業用で分けた場合のメリット

個人事業主が銀行口座をプライベート用と事業用で分けると、下記のようなメリットがあります。

1. 公私混同せずに、事業の収益を把握しやすくなる
2. 個人事業の銀行預金の記帳がそのまま確定申告時の銀行預金の明細として使える
3. 税務調査や税理士に相談する時、プライベートの支出を公開する必要がない

通常の口座と屋号入り口座の違い

屋号とは、個人事業主の「事業名」「店舗名」にあたるもので、法人でいうところの「会社名」のことです。屋号付き口座は、文字通り口座の名義人に屋号が入っています。

開設のために銀行窓口に行く必要があったり、屋号を証明する書類の提出が求められたりなど、個人口座を開く際とは違った手続きを踏みます。

個人事業主が銀行口座に屋号を入れるメリット

個人事業主の銀行口座は、基本的には個人名義の口座になります。

屋号をつけて事業を行っている場合、屋号プラス個人名の口座を作ることが可能です。

屋号だけの口座を作ることは基本的にはできません。

1.取引先からの信用度が増す

屋号は、個人事業者が使う商業上の名前です。「〇〇商店」「〇〇コンサルティング」「サロン〇〇」などの名前を銀行口座につけることで、取引先からの信用が増します。

2.複数の事業を区別できる

複数の事業を行っているときは、事業別の屋号をつけることで銀行口座を分けられます。例えば「〇〇ネイル」と「〇〇エステ」を区別することが可能です。

3.振込時や請求時に分かりやすい

振込や顧客へ請求書を出す場合、屋号つきの口座名の方が「何をやっている誰なのか」が一目で判別できるため、顧客にとって分かりやすくなります。

屋号入り銀行口座を作るまでの流れ

屋号つき銀行口座開設は、メガバンクやネットバンク、ゆうちょ銀行などで開設が可能ですが、方針により認めていない銀行もあります。

【屋号入り銀行口座が開設可能な銀行(一例)】
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
開設希望の金融機関に行く前に、必ず電話やWebサイトで開設の可否と必要書類を確認しましょう。

その場で口座が開設できないことも

屋号入り口座は個人口座と異なり、当日その場で発行できず、確認後、後日開設となる場合もあります。口座開設までの期間は、当日〜1週間程度を見ておきましょう。

支店は選べない

屋号入り口座の支店は、自宅や事業所から一番近い場所となる場合が多いです。個人口座と異なり、任意の支店での開設ができません。

屋号入り銀行口座の開設に必要な書類

銀行によって必要書類は異なりますが、ここでは代表的な必要書類をご紹介します。

代表的な必要書類①屋号が確認できる書類

屋号入り銀行口座を作る際に必要となるのが、屋号が確認できる書類です。下記の書類を求められる場合が多いです。

・屋号入りの開業届の写し
・確定申告書の写し(屋号で確定申告している場合)
・屋号で事業をしていることがわかる書類

屋号入りの開業届の写し
個人事業主の開業届を税務署に出した時に、屋号を届けている場合は開業届の写しを用意します。

開業届を出していない場合は、屋号を記載した開業届を2部提出し、1部に受領印を押してもらいます。

開業届を税務署に出した時に屋号を届け出していない場合は、あらためて屋号の届けを出します。

確定申告書の写し(屋号で確定申告している場合)
開業届に屋号を記入していなくても、確定申告時に屋号をつけて申告する事ができます。

屋号で事業をしていることがわかる書類
名刺、パンフレット、ウエブサイトのコピーなど、屋号をつけて事業を実施していることがわかる書類を添付します。

代表的な必要書類②本人確認書類

屋号が確認できる書類と併せて、本人確認書類も必要となります。銀行によって必要な書類が異なるので、詳しくは窓口に確認しましょう。

【本人確認書類として認められる書類(一例)】
・住民票原本、印鑑証明書の原本
・公共料金の領収書の原本

個人事業主の口座開設のポイントを把握しよう

個人事業主の口座を持つことは、経営者としての覚悟の表れです。

事業を始めるのに、個人のお金と事業のお金を分けることを考えたら当たり前のことですね。

口座開設については、上記以外にも注意点があります。

まず、屋号つきの口座開設はすべての銀行、ネットバンキングでできるわけではありません。

口座開設を一人一口座に限定している銀行では、個人口座を持っている銀行に、屋号付きの口座を追加で開設できません。

ATMの数や立地、ネットバンキングや手数料、取引先の金融機関など、総合的に考えて口座開設をする銀行を決めましょう。

PROFILE

経営コンサルタント 奥野美代子

外資系の高級消費財ブランドで、日本進出の子会社立ち上げから26年間、マーケティングマネジャーとして、ブランドPR、販売促進、店舗開発、リテール支援を行うなど幅広い経験を持ちます。
独立後は、中小企業診断士とFPのノウハウを生かし、経営者の法人と個人の財務コンサルティングやリスクマネジメント、事業計画策定、マーケティング支援など幅広い支援を行っています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

中小企業の社長が突然亡くなってしまうケースが多くみられます。

残された遺族としては会社をどうするかも決めなければなりませんが、会社の借金にも注意が必要です。

会社は銀行から借り入れをしていることがあります。

この場合、社長はその借り入れの連帯保証をしている場合が多いです。

この連帯保証とは何か、どうすればよいかを考えていきます。

(さらに…)

2020年8月5日

親が一人で会社を経営していたら、代表取締役である親が突然他界してしまって後継者がいない、ということがあります。

このようなケースでも、その会社の株式は相続財産となり相続人に承継されていきます。しかし相続財産のうち負債の方が多い場合など、相続人の全員が相続放棄を行うこともあります。

では、相続人が全員相続放棄をする場合はどのような点に注意すればいいのでしょうか。

(さらに…)

2020年8月4日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ